オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指す雑多なブログ

「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」感想雑記 後半

岡田准一さん、お誕生日おめでとうございます!!

今年も元気に幸せで在って下さい!!

 

めでたい日なので、前回のVコンの続きです。

前半はこちら。

v-simple.hatenablog.com

 

続きを読む

「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」感想雑記 前半

V6のみなさん、22周年おめでとうございます!!

23年目、これからどんな世界を見せてくれるのかワクワクしてます。

これからも健康に気を付けて、幸せであってください。

 

先月「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」がオーラスを迎えました。ありがたいことに、複数回入らせて頂きましたが、何回観てもおもしろいのなんの。

ちまちま感想を書くつもりでしたが、総括するには書きたいことが多すぎたので、全曲感想を書くことにしました。

 

演出についてはこちら

V6の演出が最高って話 - オタクのシンプルライフ

 

続きを読む

V6の演出が最高って話

なんでこう、V6のコンサートって

素晴らしいんですかねぇ。(いきなり)

 

「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」行ってきました。

 

8月20日福岡公演に参戦して、やっぱりVコンは最高だな!!!と思ったので、次に行く公演までに、アドレナリンがドバドバ出たところを書き連ねておこうと思いました。

 

  • ジャニーズの演出
  • Vコンの演出
  • ショーのような演出
  • 印象に残った演出 
  • 好きなセトリ構成
  • Vコンの演出最高だぜ

 

続きを読む

初めてA.B.C-Zのコンサートに行ってきたよ

いつもはV6ファンをやってます、チユコです。

V6ファンと言えど、音楽番組が被れば他のグループも見るし、滝沢歌舞伎のおかげで、Jr.も気になり始め、着々とDD(誰でも大好き)への道を歩んでいます。

 

そんな中、井ノ原担 兼 橋本担 の 甘夏さんid:amanatsu0312)に誘われ、A.B.C-Zのコンサートに行ってきました。

 

f:id:v_simple:20170824151642j:plain

 

※多少のネタバレがあります

 

  • A.B.C-Zの事前情報
  • メンバーの前情報
  • 総括
  • ちやほやしたいところ
  • 気になったところ
  • 個人の話
  • 今回のA.B.C-Zのコンサート
  • 誰が推しになった?

 

続きを読む

坂本昌行 伝説のソロ曲『Shelter』

 

『Shelter』

 

これは、とあるジャニーズのソロ曲でありながら、世代を超えて愛されてる魔性の名曲。

ジャニオタなら一度は耳にしたことがある、有名な楽曲です。

 

「伝説の曲って聞くけど、正直よく知らない」

「検索したら「Shelter封印」って出てくるんですけど何?」

「本家の『Shelter』はどのDVDに収録されてるの?」

「結局『Shelter』って誰の曲?」

 

そんな疑問を解決すべく、魔性の名曲『Shelter』についてまとめました。この記事を読めば、あなたはもっと『Shelter』を好きになる…(といいな)

 

ー前置きー

『Shelter』を生で観たことがない、新規オタクがまとめた記事です。この記事は、他人の過去の複数のレポや感想からまとめております。「ここはこうだったよ~」というのがあれば、ご教授下さい。

 

  • 『Shelter』とは?
  • なぜ人気なのか
  • 『Shelter』の歴史
  • 『Shelter』が披露されたコンサート
  • 『Shelter』の種類
  • 収録CD
  • なぜ坂本昌行が歌う『Shelter』に、惹かれるのか
    • ダンス
    • 坂本昌行の魅力を引き上げる曲
  • 『Shelter』はどこで観れるの?
  • これであなたも『Shelter』担に

 

続きを読む

「君が人生の時」放浪とは、ジョーの精神である

「君が人生の時」、千秋楽おめでとうございます!もう10日も前の話ですか、早いですねえ。

坂本くんが出てなかったら、観にいかない舞台だったと思いつつも、この舞台を観られて幸せでした。

2回目は、メモを取りながら観てたのですが、メモに書いた字があまりにも汚くて、解読に時間がかかりました。

 

初見の感想

v-simple.hatenablog.com

 

  • ラストの印象の変化 
  • ラストにジョーが酒場を出て行ったあとのシーン
  • ジョーの印象の変化
  • 劇中のジョーの印象 
  • ジョーの好きなシーン
  • 舞台上の伏線
  • ジョーの哲学
  • 放浪者とは
  • タイトルの意味
  • 人が変わることの難しさ

 

続きを読む

「君が人生の時」 腸が煮えくり返るような憎悪を感じた

坂本昌行主演、「君が人生の時」を観劇しました。

エンターテイメント性が強い舞台ではないし、かといってメッセージ性が前面に押し出された舞台ではなく、変わった舞台だってことは、なんとなく感じました。

 

※以下ネタバレ

 

  • 一言あらすじ
  • ざっくりとした感想
  • 初見の感情
  • ジョーの話
  • 謎の男

 

続きを読む

41歳の井ノ原快彦に思いを馳せる

井ノ原快彦さん、41歳のお誕生日おめでとうございます!!イノッチ41歳!この前不惑を迎えたばかりと思ってましたが、時が経つのは早いものです。

 

当ブログ恒例となっていました、V6メンバーの誕生日に好きなところ・素晴らしいところ(※個人の感想です)を10個あげるブログ、井ノ原さんでフィナーレを迎えます。最後まで、お付き合いくださいませ。

 

他メンバーの記事 

37歳の三宅健に思いを馳せる 

45歳の坂本昌行に思いを馳せる

44歳の長野博に思いを馳せる

36歳の岡田准一に思いを馳せる

38歳の森田剛に思いを馳せる

 

続きを読む

V6新曲の、初回通常盤についてるARが楽しい件

5月3日に発売されました、V6の新曲『COLORS / 太陽と月のこどもたち』。先々月の『Can't Get Enough / ハナヒラケ』から、1ヶ月半しか経っていません。早い!早いよ!

 

V6の新曲の『COLORS / 太陽と月のこどもたち』は、初回A盤・初回B盤・通常盤の3形態なのですが、初回通常盤にシークレットである仕掛けがありました。

 

  • VRじゃなくてAR
  • ARとは? 
  • V6のAR 
  • 通常盤の曲も名曲揃い
  • ARはいいぞ
  • 他の形態

 

続きを読む

自担が美しすぎて辛い

これまで自担のことを、「世界一かっこいい」やら「世界一かわいい」と、ちやほやしてきました。

実は最近、自担を見る度に、別の感想を持っていました。いやいや、流石にそんな訳…たまたまでしょ~と思ってましたが、本日のMステを見て、誤魔化すことはできなくなりました。

 

自担が美しすぎて辛い。

 

自担、V6の坂本昌行さん。46歳。

美しい。美しいんですよ。

 

続きを読む