読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指すブログ

「垢抜けたね」と褒められた!パーソナルカラー診断・その後

 

私のパーソナルカラーは、スプリングです。パーソナルカラーに乗っ取った色の服、メイク、髪色に変えました。

スプリングが得意な色で、顔回りを固めたところ、周りの反応が明らかに変わりました。

 

目次

 

 

 

パーソナルカラー診断 その後 

今までにないくらい褒められた。

 

「キレイになったね」

単純にうれしい。あと、今まで芋くさくて年齢不詳だったからか、10代に見られていたけど、年相応に見られるようになりました。大人っぽいなんて、初めて言われた。

 

「印象変わった」

パッと見の印象が、かなり変わったらしい。メイクはそのままだから、色の力だと思う。

 

「垢抜けたね!」

一番言われた言葉で、言われて一番嬉しかった言葉。そうそう、私垢抜けたかったの!

 

「進化した!?」

最初聞いたとき爆笑した。「垢抜けた」と同じ意味で言ってくれたんだと思う。

 

 

こんなに外見を褒められたのは初めてです。すごいぞパーソナルカラー。

一緒に肌改善をし始めたことも、大きいと思いますが、決してそれだけではないはずです。

 

 

口紅の威力

今までは、基本リップクリームのみ、塗っても透明なグロスしか唇に塗っていませんでした。

 

パーソナルカラーを診断してもらった際、ついでにオレンジ色の口紅を塗ってもらったところ、びっくりするほど顔色が明るくなりました。大げさじゃなく、顔が輝いた。

 

それから、アイメイクをしなくても、口紅だけはつけるようにしました。口紅だけつけておけば、顔色は明るくなります。よく見なければ、ノーメイクとも思われない。

 すごいぞ、口紅。

 

 

コーデの印象を左右する 

 全体的な印象は、服の色だけでなく、形・デザイン全部が重要です。しかし、服のすべてを、パーソナルカラー通りにする必要はありません。

 

しかし、コーデの印象を大きく左右する、コートは別です。コートは、単純に面積が広いので、ここは自分の似合う色を、確実に押さえておきたいところです。

 

 

明るいベージュのコートを、買いに行った時の話です。

 

明らかに私に合わないデザインのコートでしたが、求めていた色だったので、鏡の前で試着しました。

するとどうでしょう。「このコートは私のために作られた服だ!」と思うくらい、自分の存在感が増したのを感じました。

隣にいた友人と、店員さんも「わぁ…!」って声を上げてた。もちろん良い方です。引いた声じゃないよ。

 

顔色をよくするには、顔回りを得意な色で固めるだけで、効果はあります。しかし、コートのように、コーデの大部分を占めるものは、存在感も変わります

 

試着後、自分の黒いコートに着なおしたら、輝きがシュン…と消えたのが、おもしろかったです。正直、嘘みたいでしょう?

 

自分に似合う色を着ると、自分と調和するから存在感が増し、自分に似合わない色の服を着ると、そこだけ浮いたように見えるので、自分の印象が薄くなる、と言えば伝わるでしょうか。

 

色の力は、すごいぞ。

 

ちなみに、この時一緒にいた友人は、「進化した!?」と言ってくれた友人です。

私の垢抜け加減や、試着した際の、印象の違いに驚いて、さっそくパーソナルカラー診断をしてもらった、と報告がありました。行動が早い。

 

 

パーソナルカラーの力

 別に、モデルのように顔が整ったとか、街で振り返られるほどかわいくなったとか、別人のように変わった訳ではありません。

「垢抜ける」。まさにこの言葉の通りです

垢抜ける

姿・芸などがすっきりと洗練される。しろうとっぽさや野暮なところがなくなる。(weblio辞書より)

 

今まで、自分が本来持っているものと合わない、ちぐはぐな服やメイクで、芋くさい印象だったのが、どんどんすっきりしていくのが分かります。

例えると、小豆があんこになったような、そんな感じです。

 

小豆からあんこになったので、これから饅頭や、羊羹に進化していきたいです。

 

 

※今まで似合わない色を着ていた人ほど、大きく変化します。

自分が着ていた色と診断結果が同じで、肩透かしをくらった人は、「元々、自分に似合う色が分かってる人」です。つまり、「センスがいい人」です。

 

まとめ

★パーソナルカラーで、存在感が変わる

★パーソナルカラーで、垢抜けることができる

★個人差があります

 

 

●パーソナルカラー診断レポ

 

●パーソナルカラーではない、コートを買った