読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指すブログ

初めてのジャニーズ舞台 ~滝沢歌舞伎は最高だ~

V6 ジャニーズ レポ

 

すごかった。素晴らしかった。そこまでミュージカルや舞台は見ていないが、断言できる。

滝沢歌舞伎は、最高のエンターテインメントショーだ。

 

V6担歴1年ちょいの私と、SMAP担歴20年越えの母で行ってきました、滝沢歌舞伎。

二人してジャニーズ舞台は初めてだし、なんなら生のジャニーズJr.を見るのも初めて。

「ジャニーズ舞台は、いい意味で訳が分からない」と聞いていましたが、超楽しかったです。

 

この公演の数日前に、健くんがアクシデントで右親指を骨折したとのニュースが飛び込みました。演出も一部変更があったそうです。心配な気持ちはありましたが、今できる中で最高の演出だったと思います。

それを踏まえて簡易レポです。全部はありません。パンフレットを見ながら、記憶を辿っていきます。

 

※これから先、ネタバレあります

 

 

 

◆2016年4月14日 昼公演

 

オープニング

10年の歴史を持つ、滝沢歌舞伎の映像がダイジェストで流れる。今までの滝沢歌舞伎を知らなくとも、これから始まる公演に期待が膨らむ導入。

タッキー超かっこいい。

圧倒的造形美。座長に相応しい、貫禄あるオーラ。

 

最初、バレエをしているダンサーが出てきて、そこで初めて「女性も出演してるんだ!?」と驚いた。優雅だった。

ジャニーズJr.も出てきて、全員で群舞。ううーん、超かっこいいです。

舞台向って、タッキーの右にいた、黒髪で精悍な顔つきのJr.はどなたでしょうか。頭を振って踊る姿が脳に焼き付いています。

 

 この時点でステージ上の装置が二転三転して、目まぐるしかったです。V6のコンサートでさえ、目が足りないと思ったのに、今回ばかりは妖怪百目になりたかった。

 

 

オープニング2

タッキーの「V6の三宅健くんです!」の紹介で、健くんが登場。まさに大御所。

3階から双眼鏡で覗いてましたが、意味がわからないくらい、素晴らしい等身バランス。8等身以上あったのでは…?

 

 

Maybe

Jr.二人をバックに、健くんのソロ。

いや待って。こんな健くん初めて見た。

「Maybe」は、V6の「Oh My Goodnees!」に収録されている曲で、コンサートでも踊り歌っていました。

このソロを見るまで健くんのダンスは、「健くん自身をダンスで表現した、気の抜けないダンス」という印象でした。

健くんのパフォーマンスは、健くんのすべてが詰まったエネルギーのあるダンスです。

ダンスの「抜き」すらも全身全霊をかけているので、見終わるとすごく体力をもってかれる。

2013年のコンサートDVDを見た時の印象も、同じことを感じました。

 

しかし、今回は振り付けも2013年と異なり、ダンスを魅せるというより、歌詞のメッセージを伝える方を重視したのかな。手話を振付に取り入れていました。

これがすごくよかった。

健くんのダンスは、健くんの情熱だったり、健くん自身を表現するようなダンスだと思っていましたが、今回は「抜き」に余裕が生まれてました。

 

気だるげ…といったら少し意味が違いますが、手話のひとつひとつを伝えようとゆっくり丁寧に、四方八方に広がるエネルギーをあえて抑えて、ギュッと凝縮してる感じ。

今までが、アリーナクラスの天井席まで届けるようなダンスで、今回は目の前にいる人に伝わるようなダンス、という印象を受けました。

 

健くんの表現力はこんなにも幅があるのか、といい意味で裏切られました。

 

 

怪談

林くんによる一人芝居。一人芝居うまいし、映像もガチなやつで普通に怖かった。

滝沢歌舞伎にホラーがあるなんて聞いてません!!

 

 

MASK

健くんとJr.の群舞。おそらくここが見せ所だったんだろう。

 

健くんは座って登場し、座ったままダンス。座ったままでも、振りが細かく、べらぼうに難しいダンスなんだろうな…と見てとれました。

右足が使えず、表現の幅が制限されてるに、それを感じさせない三宅健の表現力に脱帽。

帝王だった。圧倒的存在感と表現力で、言われなきゃ完全版ではないことが分からないくらいでした。

骨折当初と違う演出ということに、残念だったのは事実ですが、見終わった後は「すごいもの見たなぁ…」と思いました。

 

あと、健くんの後ろに羽が生えてた。(語弊はない)

白い羽が生えてて、異世界の美しさだった。

 

  

腹筋太鼓

上半身裸のタッキーとJr.。声も太鼓を叩く音も、見事な揃いっぷり。最初、やっぱりシュールな画で笑いそうになりましたが、進むにつれそんな思いはなくなりました。ただただ圧巻。

なんで腹筋太鼓というのかな?と思っていたら、仰向けでスタンバイし、太鼓を叩くときに起き上がって叩くから腹筋太鼓なんですね。みんないい筋肉してました。

 

最後にタッキーと健くんが、360°くるくる回る舞台装置の上で、太鼓を叩きながらフィニッシュ。

重力に逆らおうが、二人とも体はまっすぐで、腹筋すごいとしか言えない。意味が分からなかったです。でも眼福でした。

 

 

浮世艶姿桜

和をテーマだったはずが、急に宇宙に行ってしまった。

セグウェイに乗っての群舞。電飾とフォーメーションが美しい。文字じゃ説明できない。

 

 

滝沢一座

ここでタッキーと健くんの生化粧しつつ、Snow Manとの掛け合い。佐久間くんの名前を覚えざるを得ない。佐久間くん、めちゃくちゃいい声ですよね。

 

トークが終わり、歌が上手いJr.四名で季節の歌を歌う。うまい。

前情報として、V6担おなじみの増田良くんは知っていました。増田くんの歌を生で聞けて嬉しかったです。癖のないのびやかな声に惚れ惚れ。

 

ところで、Seasonの後半の大サビのようなところで、リードボーカルをしていたJr.はどなたでしょうか。すごく好きな声と歌い方だった。

消去法で林くんかな?と思ってますが、お顔も見えずわかりません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

 

 

滝沢歌舞伎

タッキーの女形美しすぎて、敗北感を味わった。所作や見せ方があまりのも綺麗でため息ついちゃう。

健くんちょっとぎこちなかったです。公演を追うごとに、どんどん良くなっていくんだろうなぁ。まあチケットないんで見れませんが。

 

1幕の締めは、黒い蝶をモチーフにしたタッキー軍と、白い蝶をモチーフにした健くん軍の戦いです。ダイナミック。

最後は健くん以外の白い蝶が倒れ、タッキー軍勝利で一幕完! 

 

 

30分の休憩に、新橋演舞場の中を見学。軽食を食べたり、グッズを買ったり、お土産を見たりと、幕間も楽しい。

 

 

第二幕

鼠小僧がテーマの劇。「笑いあり、涙なし」 に思わず笑った。

鼠小僧(タッキー)の登場シーンで、3階と同じ目線に登場したとき、タッキーがかっこよすぎて倒れそうでした。

3階はスクリーンが半分見えなかったり、花道が全部見えなかったりする場所だけど、私は大満足です。

 

三番手の女役(やたらと上手い)は誰かと思ったら、Snow Manの深澤くんでした。

鼠小僧と二人のシーンは、完全に深澤くんのターンだった。

最後の最後、ゲネプロの映像を見たときは、タッキーと健くん二人で大釜を倒していたけど、今回はタッキー一人でした。

 

 

カーテンコール

タッキーのソロに、女性ダンサーが華をそえる。

桜の花びらが舞い散る中、水びだしの舞台の上で、女性ダンサーが水しぶきをあげて踊り、タッキーがしっとりと聴かせる…。

照明が月夜のようで、ものすごく幻想的な世界でした。

 

最後に全員出てきて、健くん作詞、タッキー作曲の「Love」を披露。

健くんは、杖をついて足を引きずってました。ここで初めて、杖をつかないと歩けないレベルだと知った。一幕ではフツーに動いてるし、踊ってた。二幕も足を引きずって歩いてなかった。

でも杖つく健くんも、演出と言われれば納得してしまうほど、様になってました。

タッキーと健くん二人のフライングで、大団円を迎える。

 

 

感想

いや~~~いい舞台だった!

歌舞伎やったり、セグウェイの群舞だったり、ストレートなダンスだったり、ひとつひとつが目玉となる演目となっていました。

目玉となる演目ばかりだからこそ、前後の演目とあまり関わりがなく、次から次へ魅せるショーでした。

でもストーリー上の演目の繋がりは薄くても、演出上の繋ぎがものすごくスムーズで、ショーから現実の世界に戻ることはなかったです。

 

舞台上で大掛かりな場面転換も、大変スマートでした。

3階に登場した鼠小僧に客席の目線を集め、客席の意識を舞台以外にもってくところは、やられた!って思いました。

 

場面転換でバタバタ音が、まったく聞こえなかったです。単純ですが、このおかげでショーのすべてに集中できた。

というかJr.のアクロバットも全然音がしなかったぞ。全員羽が生えてる。

 

間の取り方も絶妙でした。アドリブのところも、間延びがなく、駆け足でもなく、見る側に焦燥感を与えない。

 

そういったショーの内容以外も含めて、滝沢歌舞伎は、最高のエンターテイメントショーです。これはハマる。

ジャニーズ舞台が初めてでも、楽しめる舞台でした。すごく面白かったです。

 

公演、まだまだありますが、今できる中で最高の舞台となることを祈ります。 

f:id:v_simple:20160417000343j:plain

 

グッズ 

健くんがあまりにも美しくて、三宅担でもないのに、フォトセットとポスターを買った。

母は担当のフォトセットを20年で一度も買ったことがないのに、健くんのフォトセットのみならず、クリアファイルまで買って、毎日癒されています。

 

健くんありがとう。健くんのあまりの美しさに、大げさじゃなく、私と母の心の清涼となってる。