オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指す雑多なブログ

【レポ】本当に「似合う色」を知る!パーソナルカラー診断

 

パーソナルカラー診断を2回受け、診断結果が割れました。

結局なにが似合うのか分からなくなり、別で再診することに。

 

目次

 

サロン探し

どうせ再診するなら、ベストカラーまでしっかり診断してくれて、

・4シーズンに拘らない診断してくれる

・型に押し込めないで、柔軟な考え方をしてくれる

・「似合う」だけでなく、「好き」も考慮してくれる

この条件を満たすサロンを探しました。 

 

 

今回、お世話になったサロンはこちら。

レネット カラー&スタイル さん

www.reinette-color.com

 

アナリストの岡 未来さんは、明瞭で柔軟なアドバイスをしてくださいました。サロンや岡さんの雰囲気がとても良く、明るく朗らかなので、質問もしやすかったです。ブログで受けた印象そのままでした。

 

 

 

受けたコース  

自分史上最高キレイを手に入れる!パーフェクトスタイルコース

 (※2016年6月当時)

 

パーソナルカラー診断・メイク・骨格診断すべてを同時にできるセット。

もっとも似合う色、ベストカラーの診断できます。

 

 

パーソナルカラー診断の流れ 

太陽光の下、鏡の前に座り、様々な色の布を当てていきます。

パーソナルカラー診断は、ノーメイクが基本です。

148種類(HPより)の布を、実際に当てての診断です。

 

金・銀の布を当てる

グループの異なる、様々な色の布を当てる

(1st・2nd決定)

明度・彩度が異なる、1stシーズンの布を当てる

1st・2ndシーズンの布を当てる

 (ベストカラー決定)

 

流れはこんな感じ。

 

 

似合う・似合わないとは?

「この色が似合うね!」と言っても、漠然としてますよね。

 

似合うとは?

顔が明るく見える、ニキビやしみが目立たない、顔の輪郭がハッキリする、瞳が輝く、布が顔に馴染んで調和する

 

似合わないとは?

顔に影ができてくすむ、ニキビやしみが目立つ、クマが目立つ、顔の輪郭がぼやける、顔ではなく布に目がいく、布が悪目立ちしている

 

最初に、似合う・似合わないの判断の仕方の説明がありました。

私の場合、「似合う」より「似合わない」を見つけた方が分かりやすかったです。

 

 

1、金・銀の布を当てる 

 イエローベース(スプリング・オータム)かブールベース(サマー・ウィンター)のどちらかになるのか判断できます。

 

金銀の布を当てるのは初めて。いざ!

 

 

…… 

 

 

わ、わからん…

どちらも、すごく良いかと言われるとそうでもなく。

 

先生「ご自分で見て、どうですか?」

 私「どちらともいえません…しいて言えば、銀の布を当てると、クマがくっきりみえる…かな…?」

先生「そうですね、全然差が出ません。診断結果が割れたのも頷けます」

 私「これだけだと、アナリストさんの好みで、結果が分かれそうです…」

先生「サマーの布を当てて、『色白に見えるからブルべですね』と言いかねませんね」

 私(前の診断の時、言われた…) 

 

似合う・似合わないの判断基準を、最初に教えてもらってよかった…!!

イエベ・ブルべによって影響出る方は、ここでハッキリ差が出るようです。

 

続いて、シャンパンゴールド(金より少し淡い色)の布を当ててみると、ゴールドやシルバーより断然良い!

 

シャンパンゴールド→◎

ゴールド     →〇

シルバー     →〇(クマが若干濃く見えるが、色白に見える)

 

イエベ・ブルべに影響を受けない人も、割と多いみたいです。

 

 

2、各シーズンの基本色の布を当てる

基本色の布を、当てていきます。

 

赤の場合、スプリング → サマー → オータム → ウィンター の順に、赤色の布を当てます。

オータム・ウィンターの布は、明らかに顔色が悪く見えるので、早々に除外。(といいつつも、一通り4シーズンの布は当てます)

 

私は スプリング → サマー の順だと、違いが全く分かりませんでした。

しかし、 サマー → スプリング の順に当てると、スプリングの方が顔の輪郭がはっきりするのが体感できました。

 

比べてみると、サマーよりスプリングの方が似合う。しかし比べなければ分からないレベルなので、普段服を着るにはどちらでも問題ない、という結論になりました。

 

1stスプリング・2ndサマーで確定です!

 

 

3、濃淡・くすみの範囲を診断

 続いて、明度(明るさの度合い)・彩度(鮮やかさの度合い)の範囲の診断です。

f:id:v_simple:20160720223549p:plain

※画像はあくまでイメージであり、ニュアンスです

 

このような、明度と彩度が違う布(6種類くらい)を当てていきます。

 

私の場合、パステルカラーのような、明度が高い色はイマイチぱっとせず。

また、彩度が低いと顔色が悪くなりました。

 

f:id:v_simple:20160719164003g:plain

引用:トーン別の色相カラーチャート

 

この図で言うと、1のビビットトーンと2のブライトトーンが得意なトーンとなります。

 

 

4、ベストカラー診断

スプリングの色の布をひたすら当てて、自分に似合う色を見つけていきます。

 

スプリングと診断されたからと言って、全てのスプリングの色が似合うわけではありません。例えば、一口にベージュと言っても、スプリングのベージュは、3種類もあります。茶系を含めると、なんと6種類です。

 

ベストカラーは、どんなにデザインが合わなくても、その色を着ると似合う・様になる色です。

ベストカラー単色のワンピースやドレスが似合わないのであれば、それはベストカラーではない!とのこと。

 

スプリングの色を当て終わったら、2ndのサマーの色の布をひたすら当てて、ベストカラーの判明です。

写真を載せていいか聞いてなかったので、掲載しませんが、私のベストカラーは、それはそれは鮮やかで綺麗な色たちでした。ビビットトーンが得意のトーンの時点でお察し。

 

 おみやげに、布製のカラーブックを頂きました。

f:id:v_simple:20160721181132j:plain

特に似合ってた色に、シールを付けてくれてます。

買い物するときに便利!

 

◆追記

ブルーベース混じりイエローベース寄りなので、スプリングでも黄みが強いオレンジ色は、あんまり似合いませんでした。

逆に、黄色でもサマーであるレモン色は、スプリングの黄色よりも似合ってました。

イエベ・ブルべまたぎの人は、シーズンにとらわれない方が、その後診断結果を活用しやすいです。

 

 

診断結果を受けて

やースッキリ!!

私の場合、イエベ・ブルべはあまり影響がなく、明度・彩度にものすごく影響がでることが分かり、やっと腑に落ちました。通りで4シーズンだと診断結果が割れる訳だ…。

 

明度・彩度に影響されるので、スプリングの色でも、パステルトーンだと顔がぼやけてイマイチでした。そして、くすんだ色はとにかくNG。

バッグや靴など、顔から離れた個所で楽しむことにします。

 

150種類近くの布を当てるので、どれが似合ってどれがイマイチなのか、ちゃんと体感できました。

似合う色を診断しに行きましたが、似合う色の傾向似合わない色がハッキリしたことが、一番の収穫です。

 

 

診断結果をファッションに生かす

普段のファッションに、100点満点中100点の色だけを取り入れようとすると、かなり限定されてしまいます。結果、ファッションが楽しめなくなってしまい、本末転倒です。

 

「似合わない色は、顔周りに使わない」これだけ取り入れれば、OKです。

「似合わない色」だけを確実に抑えておけば、比較的自由にファッションに生かせることができるので、一生使える武器になりました。

 

似合わない色は、それなりに把握していたつもりですが、意外と多くあったし、正直鮮やかな色がベストだったとは、思いもしなかった。

 

パーソナルカラー診断は、「似合う・似合わない」という曖昧な感覚を、布を当て、顔色が変わるのを「実感」することで納得し、理論として自分に落とし込めるお手伝いをしてくれるものです。

 

参考になれば、嬉しいです。

 

 

まとめ

★イエベ・ブルべ

★明度

★彩度

どこに強く影響を受けるかは、人それぞれ

 

 

●関連記事

 

続き・骨格診断編

v-simple.hatenablog.com

 

初めてのパーソナルカラー診断

v-simple.hatenablog.com

 

2回目のパーソナルカラー診断と初めての骨格診断

v-simple.hatenablog.com