オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指す雑多なブログ

ラブセンと私と母

 

7月29日昼頃、舞台「滝沢歌舞伎」のDVDの詳細が出た。

初回も通常も、特典が盛り沢山な上に、クリアファイルが貰える店舗特典も明らかになり、「も~~~~エイベックスったら、商売上手なんだから☆」と、喜びいっぱいだった。

 

 

その報は突然やってきた。

「ラブセン」終わるってよ。

 

 

終わるんかーーーーい!ラブセン終わっちゃうのかーーーーーーー!!!!

悲しい。

 

突然やってきたと言ったが、予兆はあった。

坂本・長野の新本編が、前回の井ノ原・岡田の新本編から、あまり期間を空けずにリリースされた。やたらと早くて「おかしいな」と思ったが、まさかラブセンが終わるなんて思わなかった。

 

運営によると、リリース当初は1年だけだったが、好評により3年に延長されたとあった。最初の予定通り1年だけだったら、私はプレイすることは叶わなかった。

 

 

 

 

 

ラブセンGREE版のリリースは、2013年10月まで遡る。

このとき私は、乙女ゲーム界隈に住んでいた。当時のことは、よく覚えてる。

なんていうか、めちゃくちゃ話題になってた。

「ジャニーズの乙女ゲー?」「しかもV6?」「二次?実写?」「ジャニーズはよく許してくれたな」などなど。

 

ネットにおけるジャニタレの写真掲載が、めちゃくちゃ厳しいことを知っていたし、まさかの実写だったことも相まって、「ジャニーズの乙女ゲーっておいおい、すごい時代になったなあ」と、思ったのを覚えてる。

このときインストールはせず、V6にハマった後、2015年2月頃から始めた。

 

自担である坂本くんの写真写りが悪く、最初は笑ってた。しかし、元乙女ゲー住人で筋金入りの夢女子の私は、多少の作画崩壊はなんのその、夢中になって遊んだ。

リリース当初は、シナリオや人物の口調に不満が出ていたようだが、私が遊ぶ時点では、そういった声もあまり聞かなかった。

 

ただ単純に、シナリオを読んで進めるゲームは、もともと性に合わなかったため、本編もイベントも全く進めない期間もあった。

しかし、毎日ログインはしていた。理由は簡単、毎日一回引けるおみくじが楽しかったからだ。

誰が出るか分からないワクワク感を味わうことが、日課になっていた。V6の写真の下に一言添えられてる文も、面白かった。昔V6が言った言葉が、一言書かれていて、それを読むのも楽しかった。

 

 

私はゆるく楽しんでいたが、身近に私以上にハマった人がいる。

母だ。

なんとなく勧めたら、えらい勢いでハマってた。始めて2日目には課金し、お仲間との交流を楽しみ、イベント時には、お仲間の人脈を活用し、大概フルコンプしていた。

 

本人曰く、「少女漫画を読んでるみたいで楽しい」

昔は、少女漫画を読んだり、恋愛ドラマを見てキュンキュンしてたが、自分に合う漫画やドラマもなくなって、すっかり忘れていた気持ちが蘇ったらしい。

 

SMAP騒動で気落ちしていたところに、ラブセンを始めことによって、生活に癒しが訪れ、イキイキし始めた。

元々お茶の間でV6を楽しんでいたが、ラブセンで完璧に健くんのファンになり、健くんが出てる雑誌まで買い始めた。ラブセンが、お金を落とすファンをつくった。

 

終了のお知らせがアプリに掲載され、母はお仲間と1時間くらい、悲しみや寂しさを分かち合ってた。傍目には、チャットしてるようだった。

 

 

ラブセンは、いくら性格や口調が研究されていたとしても、メンバーの言葉の影に製作者が見えるという理由から、遊ばないファンも多かっただろう。

しかし、メンバーがバラエティで言った言葉が、すぐ次のイベントに使われたり、雑誌などから読み取れる、メンバーの関係性をストーリーに反映させたり、製作者の方々の「いいものを作ろう」という気持ちが感じられた。

 

CDの特典やコンサートデビュー日、学校へ行こうの放送日、紅白歌合戦に合わせて、盛り上げようとしてくれたこと、楽しいものを提供してくれたことにも、愛を感じた

 

V6全員が揃う番組がない中、ラブセンは身近にいるV6であった。

私たちにとっては、日常の一部であった。

 

 

20周年コンサートで、冠に「ラブセンpresent」とついた時、文句を言ったこともあった。

20周年コンサートで貰った、リアルラブセンが自担の大吉で、めちゃくちゃ喜んだこともあった。

坂本くんが高校の時の先輩というイベントの時、「何歳の設定?」と狼狽えたこともあった。

  

一晩経って、すこし落ち着いたが、 喪失感は失われてない。

すぐに終了する訳ではなく、10月21日までラブセンは続く。

後悔のないよう、最後の日まで遊び尽くしたい。

とりあえず、1年半毎日おみくじを引いてるのに、未だに、V吉・トニ吉・カミ吉が出ないから、なんとしても引きたい。

 

f:id:v_simple:20160730143655j:plain

ありがとうラブセン。

 

◆追記◆

にこ健*1読んだ。

ラブセンが終わることに対するフォローに泣いた。何事も、いつかは終わりがくるんだよね…。

 

◆追記2◆

ラブセン最後のイベントに泣きそう。もう最後なんだ…とまざまざと感じさせられる。

ラブセンありがとう… 

 

 

 

*1:ジャニーズwebで三宅健が週一更新してるブログ