読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指すブログ

KAT-TUNコンに行ってきたよメモ

 

一体いつの話かな?4月29日の話だよ!

今更ですが、KAT-TUNコンに行ってきました。

 

10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks"  4/29

~KAT-TUNコンに行ってきたよメモ~

 

最初に好きになったジャニーズが上田くん(二次オタがジャニオタになったきっかけ - オタクのシンプルライフ)で、2015年の「THE MUSIC DAY」でのパフォーマンスがあまりにもかっこよくて、お茶の間ファンながら追いかけていました。

「KISS KISS KISS」の田口くんのダンスに魅せられて、一度は生でKAT-TUNのパフォーマンスを観たいと思ってました。

 

充電期間前のコンサートですが、欲求に逆らえず、KAT-TUNファンの友人にお願いして同行させてもらいました。

 

 

 

 

◆コンサート前

ジャニオタになって、V6以外のコンサートに行くのは初めて。

せっかく行くなら予習したほうがもっと楽しいと思い、友人に「ひとつ買うなら絶対このアルバム」とのお墨付きを頂いたので、こちらを購入。

10TH ANNIVERSARY BEST “10Ksテンクス!

10TH ANNIVERSARY BEST “10Ksテンクス! "【期間限定盤1】(3CD)

 

聞き終わって最初の感想:おしゃれ 

ざっくりし過ぎてごめん。透き通るような高音が得意なメンバーが多く、スマートでスタイリッシュでおしゃれな曲が多い印象です。

今までのシングル曲、新曲、ファン投票で人気のあった曲15曲を収録。これだけでもめちゃくちゃお得なのに、アルバム自体も最高でした。

 

 

◆コンサート当日

気になったところのメモ。

 

●東京ドームに3人だけ

これ本当にびっくりした。

5万人の観客に対して、3人だけ。バックダンサーもJr.もつけないで、あの広い東京ドームでコンサートをするってすごい。

3人とも、アリーナ行ったりトロッコ乗ったりクレーンに乗ったりと、会場をよく移動していました。

全員固まって、スタンドに移動することはなかったような気がする。

トロッコ2つあるのに、毎回亀梨くんはひとりぼっちでなんでだろ。毎回組み合わせ変えるのが、面倒だったのかな?

 

 

●小物の使い方がうまい

帽子を被ったり、サングラスしてたり、ステッキを持ってたりと、小物を携える場面がすごく多かったです。3人が銃ぶっ放してるの、様になっててかっこよかった!

 

KAT-TUNコンは、コンサートの世界観が作り上げられてるから、サングラスやステッキや銃も映えますね。KAT-TUNコンのあまりの異世界っぷりに、「ジャニーズのコンサートだよね?」と何回も思い返しました。

 

 

●マイクスタンド芸

とある曲で、上田くんは担ぎ、中丸くんは放置し、亀梨くんは押し倒してた。

なにを?マイクスタンドをです。

 

亀梨くんに至っては、顔が全く見えなかった。最初なんでうずくまってるかわからなくて、笑っちゃったよ…ごめんね…。

 

どうやらマイクスタンドを女性に見立てたパフォーマンスのようでした。今まで見てきたマイクスタンド芸*1は、スタンドから光る棒が飛び出たり、スタンドを曲げたり、羽が生えたり(語弊はない)してたので、こんなシンプルな使い方があるのかと、衝撃を受けました。

 

一応「マイクスタンド 女性 見立てる」で検索しましたが、KAT-TUNしか出てこなかった。マイクスタンドを女性に見立てるなんて発想、普通出てこない。

 

 

●初見にやさしい

親切ポイント

・会場の左右のスクリーンに、曲名が常時出ている。

・もちろん歌詞も出る

・アラームクロックの録音中に、●録音中という文字を出してくれる

・コントをやっていても「これ最初のコンサートでやったんですよ」「こういうセリフあったね」みたいな情報をうまく挟んでくれる

 

初見でしたが、昔コンサートでやったネタの情報を教えてくれるので、置いてかれることなく楽しめました。

 

 

●UNLOCK

この演出が嫌いなジャニオタいる?一番かっこよかった!!

 

下から水や火柱がバンバン出るわ、上からは火花が光ってるわ、レーザーもびゅんびゅん飛んでるわ、特殊効果オンパレードでした。

極めつけは、バンバン特効を使った後、曲の大サビの前に特効もスクリーンもセットの明かりもすべて落とし、3人だけにライトが当たる。

しーんとした空間で、ダンスの音ハメがかっこよくてゾクゾクした。

大サビに入ると、さらに増えた特効で、盛り上がり最高潮でした。

 

でもこんなに特殊効果過剰なのに、KAT-TUNの存在感は全く失われてない。

説明できないので、とりあえず見てくれ!

 

メモに「緑の炎」と書いてあるので、緑の炎も出たんだと思います。特殊効果の大運動会やー!

 

 

●会場の雰囲気

「俺たちみんな仲間だぜ!」って空気だった。充電期間前のコンサートだったかから、より一層そういう空気を感じたのかもしれないけど、あったかい雰囲気というより、熱い!!でした。

最後に「We are KAT-TUN!!」と全員で叫ぶ前に、隣の人と手を繋ぐように言われたのですが、通路を挟んで手を繋ぐのに驚いた。

通路側で若干戸惑っていたら、お姉さんがニコッとして手を繋いでくれて救われました。

 

 

●亀梨くん

これは大エースですわ。自分の魅せ方をよく知ってる。

私、亀梨くんの歌い方好きなんです。ものすごく感情を露わにした歌い方は、心を揺さぶられる。

コンサート中、甘い言葉はバンバン飛ぶわ、ウィンクしまくりだわ、慣れてなくてキャーキャー言い損ねたことが唯一の悔み。

 

アラームクロックの録音コーナーで、「帰ってきたらいいことしてやるよ…え?今は言えないよ…帰ってきてからのお・た・の・し・み♡えへっ」って言ったとき、

えへっ♡の破壊力が凄すぎて、その瞬間ファンが噴き出して俯いてました。

女を陥落させる瞬間を見てしまった…亀梨くんしゅごい…。

 

ソロコーナーで中丸くんの首に噛みつくシーンで、思いのほか中丸くんと近かったからか、亀梨くんすごく動揺して、その後の歌や段取りがぐちゃぐちゃになってたのが超可愛かったです。

 

 

●上田くん

私が好きになったときは、中性的な見た目の上田くんだったけど、やっぱり今の姿もかっこいいですね!

金髪悪羅悪羅(誤変換が面白かったからそのまま)で、ピアノを弾く姿は神々しくて倒れそうでした。

 

あとアラームクロックの録音の時、「キレイな寝顔だな…本当にキレイだ………おいしそうだな…いっただきまーす!!!」というセリフを言ってました。

キレイな寝顔だな…と言い出した時に、上田くんの方がキレイだよ(怒)って思った。絵画のように綺麗な顔だった…。

 

 

●中丸くん

すごく…すごくかっこよかったんです…。

中丸くんが丸メガネかけて出てきたときから、あまりのかっこよさに中丸くんばかり目で追ってしまったのは、致し方ないと思ってる。

 

目で追ってたから分かったけど、中丸くんダンスうまいよね!!??ここ1年のパフォーマンスしか見てなかったから、知りませんでした。

 

余談

「THE MUSIC DAY」で披露された、「KISS KISS KISS」を狂ったように見返してたのに、なんで中丸くんのダンスの上手さに気付かなかったんだろ~?と思ったら、中丸くん、腰の動きが硬い。

「KISS KISS KISS」腰の動きの上手さは、縦のグラインドは田口くん、横揺れは亀梨くんがうまい。異論は認める。

 

あと、ジャンクションやソロコーナーで、笑いをふんだんに取り入れてて、ますます好きになりました。中丸くんがお笑い担当ってシュールじゃないですか…そんなん好きになるに決まってる…。

 

ブログだから「中丸くん」と書いてますが、実際は「ハァ~~~ンゆっち超かっこいい♡♡♡好き;;;;;;;;」ってテンションでした。

 

 

●まとめ

「ジャニオタなら、一度はKAT-TUNのコンサートを観た方がいい」

「KAT-TUNコンの演出が嫌いなジャニオタはいない」

 

これは、ジャニオタになってすぐ、twitterやブログを巡っていたときに、見かけた言葉です。しかもこれを言ってるのが、KAT-TUNファンではなく、他担の方が言っているので、一度は行ってみたいなと思ってました。

噂に違えず、演出におけるドームの掌握がすごい。一人残らずKAT-TUNという名の異世界に魅せられる。

 

充電期間前のコンサートだから、歴代のコンサートに通った人じゃないとわからないところもあるのかな?と身構えていましたが、KAT-TUN初心者でもめちゃくちゃ楽しかったです。

 

そんな初心者でも楽しいKAT-TUNコン「10Ks!」は、本日発売! 

さっきおすすめした「UNLOCK」、とにかくかっこいいから取りあえず見てくれ!あとゆっちの丸眼鏡サイコーだよ!

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"(初回限定盤) [DVD]

 
KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"(通常盤) [DVD]

 

 

9/28 追記

当初「V6担がKAT-TUNコンに行ってきたよメモ」というタイトルでしたが、記事を読み返したらタイトル詐欺にもほどがあったので変更しました。

 

 

 

*1:20th century参照