オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指すブログ

「ONE MAN STANDING」に世界一かっこいい自担がいた

 

Musical Concert 

MASAYUKI SAKAMOTO「ONE MAN STANDING」 

2016年2月5日

 

ここに世界一かっこいい自担がいた。(真顔)

誰がなんと言おうと坂本くんは、世界一かっこよくてチャーミングで可愛くて、スポットライトが似合うアイドル且つミュージカルスターです。

 

ー前提ー

V6を好きになって一年ちょっと。坂本くんのミュージカルはまだ観たことがない。

 

OMS2016からもう一週間経ったなんて。自分でも「何言ってんだ」って箇所がいっぱいあるけど、これ以上適切な言葉が見つからないからもう記事あげます…。

 

FC先行で奇跡的に当選し、坂本くんのミュージカルソロコンサートに行ってきました。レポというより感想です。順不同、会話文はニュアンス、印象に残ったところの覚書です。

 

 

 

 

 

坂本くん歌うまい。初っ端からアホみたいな感想。

知ってた。坂本くんが歌うまいのは知ってたけど、なんかもうすごかった。V6の曲にはない高低差がある音の歌い方や、音の動きがすごく滑らかで、朗々と歌ってました。声量あるわ、ピッチはいいわ、声もうっとりしちゃうわでもうサイコーでした。いつまでも聴いていたい。

 

スタイルが良いのはもちろん知ってるけど、立ち姿もまぁえらいかっこよくて、オペラグラスで覗いた坂本くんの体の半分脚かな?って思いました。スタイリストさん坂本くんのスタイルを強調する服ばかりでありがとう…。

 

 

最初の曲は初演、再演、再々演までやった「ボーイ・フロム・オズ」の曲。

雑誌のインタビューで印象に残ってる作品として毎回挙げています。タイムスリップできたら絶対観劇したいミュージカル。

会場の上に横に長いデジタル画面?スクリーン?があって、そこにミュージカルの名前・曲名・公開した西暦が出るので、なにも知らなくても「あーこのミュージカルは何回もやってるんだ~」とか「評判良かったのかな」って歴史に触れることができた気がします。

 

 

歌や音楽と共に自己紹介。

ピアノの羽毛田さんとの掛け合いが軽妙でおもしろかった。羽毛田さんは岡田くんが出演した「D×D」の音楽にも携わったそうで、その話を坂本くんがしたら観客は「へぇ~」と軽い反応でした。

坂「反応薄い!?岡田の名前を出せば盛り上がると思ったんだけど!」

周りは今日は坂本くんを観に来たんですけど…って空気でした(笑)

 

 

坂本くんが主演・出演したミュージカルの曲になぞらえながら17歳の剛くんに対して「♪話を聞けよ!」と歌い、剛くんの主演映画「ヒメアノール」の宣伝もしてました。

坂「ヒメ、ヒメ、ヒメア、ヒメアノール?」 言えてない。

坂「あれ、みなさんあまり興味がない?」

興味あるよ!ありまくりだけど、今日は坂本くんを観に(ry

坂本くん愛おしい。

 

 

「Hope」(ゾロ・ザ・ミュージカル)

ソロコンの発表があった時、「Hope歌ってほしい」と言ってる方が多かったので、曲名だけ知ってました。劇場上に曲名が出た時「ほうこれが噂のホープか」なんて思ってたら、とんでもない。圧巻でした。

 

低い音から高い音まで滑らかに歌ってるわ、時に語るように時に届けるように歌ってて鳥肌立った。V6の曲にはない、高い音もキレイに出てました。すっごい高かったけど音が縦にも横にも伸びて会場を包み込んでた。今回のコンサートで一番印象に残った曲です。ほんとすごかった。何度でも言う。すごかった!

 

 

フットルースの曲とプレスリーの曲は聞いたことありました。

Jailhouse Rock(監獄ロック)パワフルでかっこよかった!この前関ジャムで歌った時とキーが違いました。こっちの方が歌いやすそう。あと前半英語で後半日本語歌詞だったかな?ここ曖昧です。

最初OMSと書かれたロゴだったけど、フットルースとAll Shook Upの曲の時は、ギターのモチーフに変わってました。

 

 ここでモチーフがシャンデリアに変わり、バーのような雰囲気に。

 水分補給の仕方も超かっこいいの。ウィスキーボトルに水が入ってました。その場面に合った小道具でオシャレ!

グラスのウィスキーボトルに入ってるだけで、高級溢れるお水に見えたから真似したい。お水がすごくおいしそうだった。

 

 

 座って歌った後に、舞踏会のような場面に。

女性のアンサンブルの方との絡みも素敵でした。燕尾服がとてつもなくお似合いで。スタイル良過ぎてオペラグラス越しにニヤニヤしてた。

階段に座る時、燕尾服の後ろをバサッ!!と払って座るのめちゃくちゃカッコよかった…。坂本くんの膝枕に、萌えに燃えまくりました。(誤字ではない)

 

相手役の女性が膝に頭を乗せた瞬間、坂本くんがビクン!って固まり、スッーーーーーーーーーー~~~~ワンダフ~~~(歌に入る)♪

って歌ってて、ちょっと笑った。スッーーーが10秒くらいほぼブレスで、でも音楽の流れはとぎれてなくて、歌がうまいからこういう「抜け」みたいなことができるんだな…としみじみ。

 

何回か相手役とのデュエットを披露していましたが、毎回フラれるオチで笑いました。オチでいいんだよね?本編ではフラれるストーリーじゃないよね??

 

 

しっとりラブも交え歌い踊ったあとは、「On The Town」の曲!

トニセンが主演したミュージカルです。観たかった。ここで水兵さん姿が生で見れるとは思わなかった(感激)

水兵さん最高に可愛い。最高にキュート。ここのモチーフなんだったか忘れちゃった。

 

坂本くんがやりたいミュージカル、「Rent」から2曲歌ってました。坂本くんの思いというか、パワーある意気込みが伝わってきました。坂本くんがこの作品をやる時には絶対行きたい。

 

ここでビックバンド、アンサンブルの方々の紹介がありました。

アンサンブルの方々は一人ずつステージ袖から呼んで紹介していました。自身と同じあだ名の「まーくん」という男性を呼んで、全員で「Rent」の曲を歌う…うた…

一人呼び忘れてた。

最初からここまでキマってたのに、最後の最後で大ポカ!

坂本くん、すっごくイイ声で次の曲入ってた。この時の坂本くん「やっちまったーーー」と言いたげなお顔がチャーミングで可愛かったです。

イノッチ(多分)が「バッキャロー!」みたいなヤジ飛ばしてました。

 

全員での歌は圧巻。ビリビリ振動が伝わってくるような熱量がありました。

曲終わりに「メンバー紹介、特別バージョンでお届けしました。」今日初日だよ!

袖に向かって「ごめんよぉ」って謝る姿がとびきりキュートでした。40代男性に言う言葉ではないことは分かってる。

 

 

最後に「ボーイ・フロム・オズ」から一曲。オズで始まりオズで終わり。照明がエメラルドでキレイ。オズだから緑色なのか。

センターステージで歌う坂本くんは自信に溢れてた。なんだろう、存在感がとにかくすごい。ものすごくエネルギッシュで見ているだけで満たされました。

 

 

アンコールの拍手が鳴りやまぬ中、ギターのソロが始まり、これはまさか…と思ったらバイラきたーーー!!!

8月NHK「SONGS」、11月学校へ行こうSPでバイラバイラしてたので、新規も嬉しい。悲鳴と歓声がすごかったです。私も叫んだ。

手首をくるくる回しながら手を真上からおろす踊りが、すごく滑らかでそれだけで召されそうになりました。腰の動きも素晴らしかった。

 

 

バイラの後も鳴りやまぬ拍手で、出てきたらピアノを弾いていた羽毛田さんがいなくなっていました。「羽毛田さんがハケたので…」と洒落を言ったら「うまーい!!」と歓声が(笑) いのっち可愛過ぎてもえた。

坂本くんが「いい仲間です」みたいなことを言っててこっちもほっこり。

そして坂本くんが「弾き語りをします」なん…だと…!?

坂本くんの弾き語り(泣)ここでみれるなんて(号泣)

またどこからか「がんばれー(超低音)」との声が。岡田くんかと思った*1ら違う人だったみたい。

 

 

弾き語り姿もかっこよく息も絶え絶え。歌はとてつもなく上手かったし、ミスタッチもなかったです。

 

弾き語りも素晴らしく、会場はスタンディングオベーション!

「近々みなさんに、お知らせできると思います。コンサートじゃなくてね(笑)」

ミュージカル!?うれしい!!待ち遠しい!!って思ってたら次の日情報解禁されました。早すぎ。

次の日情報解禁されるって、わかってて言ったんだろう~~~このこの~~~~~(好き)

次の日から、そのミュージカルのチラシが配られたそうです。欲しかった…まあまたどこかでゲットできるだろ…。

 

あとどこでか忘れたけど、タップかっこよすぎてどうにかなりそうでした。ソロももちろん素晴らしかったけど、アンサンブルの方全員?とのタップは壮観でした。細かいステップや音もピタッと合ってて、すごいとしか言えない。女性もクラシックなズボン履いててカッコよかった!

 

それからトランペット二本のソロが最高過ぎました。どの曲だったか失念。

 

 

全編通して「ミュージカルって楽しい!!」と感じたコンサートでした。耳心地が良すぎて、「ずっと聴いていたい…」と何度も思ったけど、終わってみたらお腹いっぱい、幸せな気分になれました。

 

坂本くんは、本当にミュージカルが大好きなんだなぁと、ビシビシ伝わりました。

 

V6の時と佇まいが全然違ってた。V6の時は、「V6の坂本昌行」だったけど、今回はずっと「ミュージカル俳優 坂本昌行」でした。

 

V6の時には感じなかった「陽」のエネルギーをずっと感じました。こんなにエネルギッシュな人だったの!?って驚いた。

個人的に坂本くんの印象は、V6の時はどっしりと構えてて「静かなる闘志」を持ってる侍みたいなイメージで、今回はピカーっと照らす太陽みたいなイメージです。MCの時でも印象違いましたもん。

6人と1人って人数の違いではなくて、V6の時が青色ならミュージカルの時は赤とオレンジのようなイメージで、一人「太陽と月」状態みたいな感じ…。

 

つらつら言ってるけど、V6のコンサートも生でまだ1回しか観てない、ミュージカル本編を観てる訳ではないので、これから先感想が変わるかもしれない。

 

 

公演したミュージカルを見たことなくても、「ミュージカル楽しい!!」ということは存分に感じました。でも長く坂本くんのミュージカルを観てきた方は、全く違う感想だろうし、もっと感慨深いんだろうな…「思い入れがある作品」の名前しか知らない私でも、坂本くんのミュージカル人生(過去と未来)を感じてグッときましたもん…。

 

今回のコンサートは、坂本くんのミュージカル人生を振り返りつつ、先も見せてくれて、ファンとして応援しがいのある方だと改めて思いました。こんなにも楽しいステージ見せてもらえて、幸せにしてもらった。ステージに魅せられた。スポットライトを浴びる坂本くんに魅せられた。

 

V6の坂本くんもミュージカル俳優の坂本くんも応援をしていきます。ソロコンの円盤かCD出してください!

坂本くん世界一かっこいいよ!!

 

 

その世界一かっこいい自担のコンサートを観たのに、「キャアアァァァ!!!」と叫ぶより「フゥ~~~↑↑」って言った回数の方が多かったです。なんでや。

 

 

 

*1:この日岡田くんは来てなかった。