オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指す雑多なブログ

坂本昌行 伝説のソロ曲『Shelter』

【最終更新日】2018/7/24

 

『Shelter』

 

これは、とあるジャニーズのソロ曲でありながら、世代を超えて愛されてる名曲である。

 

「伝説の曲って聞くけど、正直よく知らない」

「検索したら「Shelter封印」って出てくるんですけど何?」

「本家の『Shelter』はどのDVDに収録されてるの?」

「結局『Shelter』って誰の曲?」

 

そんな疑問を解決すべく、魔性の名曲『Shelter』についてまとめました。この記事を読めば、あなたはもっと『Shelter』を好きになる…(といいな)

 

ー前置きー

『Shelter』を生で観たことがない、新規オタクがまとめた記事です。この記事は、他人の過去の複数のレポや感想からまとめております。「ここはこうだったよ~」というのがあれば、ぜひご教授下さい。

 

 

『Shelter』とは?

1998年「JOHNNY'S SUMMER CONCERT '98 20th Century」にて披露された、

V6坂本昌行のソロ曲

 

作詞:山田ひろし 作曲:渡辺未来 編曲:鶴田海生

歌詞→ Shelter V6(20th Century) - 歌詞タイム

 

先にコンサート披露され、その後音源化されたようです。 

なぜ人気なのか

断言します。『Shelter』は、ジャニオタにとって非常に有名で人気の楽曲です。

坂本ファン・V6ファンのみならず、ジャニーズJr.もよくカバーしているので、幅広い世代のファンに知られています。

20年近く前のソロ曲が、なぜ未だに人気なのでしょうか。

 

楽曲がかっこいい

激しくギター、ベース、ドラムが鳴り響くロックで、単純にかっこいい!と思える楽曲。

暴論いうと、これを歌い踊る人の魅力が5割増しに見えます。(※個人差があります)

 

ダンスがかっこいい

オリジナルでは、サビで手足をグルグル回す特徴的な振りがあります。一回見れば、「あー『Shelter』の振りね」と覚えちゃうくらい、キャッチーな振付です。

サビはキャッチーですが、サビ以外もガンガン踊る、ハードなダンスナンバー。効果音に音ハメをする、アクセントダンスも見どころで、ハマると大変カッコイイです。

 

これを歌い踊る坂本昌行がかっこいい

歌もダンスもかっこいいが、やはり本家が最高にかっこいいからこそ、みんなカバーしたくなるのでしょう。

こちらは詳しく考察したので、後述します。

 

坂本ファン以外も好きな人が多い

とあるコンサートで、坂本くんのバックを長野・井ノ原・森田・三宅・岡田が務めたことがあります。

激しいダンスを踊ってパフォーマンスしたことで、当時の他担もより魅力を感じたのではないでしょうか。自担が関わることで、曲への思い入れも強くなるだろうし。

近年のネタ化の影響も大きいと思います。愛されShelter。こちらも後述致します。

 

Jr.のパフォーマンス

真偽のほどは分かりませんが、『Shelter』は人気のJr.しか歌えないと聞いたことがあります。

過去「ザ少年倶楽部プレミアム」にて、思い出深い曲を歌うという企画で、田口淳之介くん(元KAT-TUN)が、「この曲を踊れる先輩が羨ましかった」と言ってました。

 

Jr.黄金期の代表とも言える、「東のタッキー・西のすばる」ふたりが揃ってカバーし、タッキー&翼、関ジャニ∞、山下智久、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、最近デビューしたKing&Princeなどなど、デビューしてるグループで一人以上は、「Jr.時代に、ソロや少人数でこの曲を歌ったことがある」と考えれば、いかにメイン格のJr.が歌い踊ってきた曲か伝わるかと。*1

本家や楽曲の良さは大前提ですが、カバーしたJr.がファンや後輩にカッコよさを魅せるパフォーマンスであったことは、幅広い世代に愛される大きな要因だと思います。

 

曲自体に逸話がある

楽曲の良さ、パフォーマンスだけでなく、曲にまつわる逸話や伝説があるからこそ、長年愛される曲になるのでしょう。

 

『Shelter』は、とにかく逸話が多い。ということで、振り返ってみましょう。

 

『Shelter』の歴史

インターネットを駆使して、感想やレポを漁り、当時の反応をざっくりとまとめました。90年代からレポをネットに残して下さってるファンのおかげです。この場を借りてお礼申し上げます。インターネットとレポ文化はすごい。

 

ただ、上がってるレポは主観なので、最低3つ以上を読んだ上で、当時の多数の感覚・意見としてまとめていることをご了承ください。

 

『Shelter』超かっこいい期

1998年

「JOHNNY'S SUMMER CONCERT '98 20th Century」にて、初披露。

 

『Shelter』かっこいい!坂本昌行めちゃくちゃかっこいいじゃないか!!と大評判。

ちなみに初披露の時は、ハンドマイクで振りがなかったそう。ハンドマイクじゃなくて踊ってくれ~~という感想がたくさんありました。

 

『Shelter』のかっこよさが広まる

1999年

初披露から約1年後の1999年の夏、「Johnny's SUMMER CONCERT '99 」で、V6コン初披露。バックは長野・井ノ原・森田・三宅・岡田。

このコンサートで振りがつき、激しいダンスナンバーとして、さらに人気が上がる曲となる。

 

さらに、当時人気のJr.であった渋谷すばる(関ジャニ∞)が、「KANSAI Jr. FIRST LIVE in Zepp Osaka(1999/8/13~8/15)」で披露。

冬には、「MUSIC STATION」で、滝沢秀明・今井翼(タッキー&翼)・山下智久が、メドレーの一環として歌い踊る。

 

このことから、V6ファン以外にも、『Shelter』が知れ渡ったと考えられる。 

 

また『Shelter』かよ…

2000年

この時期はコンサートが大変多く、何回も披露してたため、「またかよ」「かっこいいのは分かってるけど飽きた」という空気がファンの中で流れていた。

 

どのくらいの間隔で披露されていたのかというと、初披露から翌年宣言するまでの2年半の間、なんと7回

いいですか、トニセンライブで初披露し、1年後にV6コンで歌ったのが2回目です。

封印までの1年半の間に、V6・トニセンのライブツアー、J-FRIENDS名義のカウントダウンコンサートなど1日だけの単発含め、全8回のライブで『Shelter』が歌われたのが5回です。

当時のコンサートツアーの多さもすごいけど、さすがに飽きたと言われるのも納得のセトリ率。

 

Shelter封印

2001年

V6会報にて、「やり尽くしたから封印します」と封印宣言。

 

Shelter解禁

2005年

4年の封印を経て、「V6 10th Anniversary Tour musicmind」のソロコーナーにて解禁。

 

ファンがギャーーーー!!となるのを見越し、「『Shelter』が始まる瞬間だけイヤモニ外してたの。みんなの歓声が聞きたくって」とMCにて三宅健の発言。

実際「You'r my shelter!」と歌った瞬間、歓声なんてかわいいもんじゃなく、会場が割れんばかりの絶叫・悲鳴だったらしい。

 

やりすぎて飽きたと言われても、4年の間に「また『Shelter』やってくれないかな」「10周年だしやってほしい」と、ファンの中でも待ちわびてた空気が流れていたようです。

ちなみに某掲示板に、リハーサルの音漏れでShelter解禁がネタバレされていたという…。

 

Shelterを数年ぶりに歌ったことにより、井ノ原くんの両親から「Shelterの封印解いたのね」「ついに解禁したのか」と言われたという逸話もあります。

 

またこのコンサートで、井ノ原快彦による『裏Shelter』が爆誕。

 

裏Shelter

裏Shelterとは、『Shelter』のバックにつく井ノ原が、裏でメンバーとスタッフのためだけに、『Shelter』を全力で歌い踊ること。振りは井ノ原のオリジナル。

 

後のMCで「坂本くんは『You're my Shelter!』だけど、俺の場合は『裏 my Shelter』だから」という名言を残す。

V6 10th Anniversary CONCERT TOUR 2005

V6 10th Anniversary CONCERT TOUR 2005 "musicmind" 限定版 Bタイプ [DVD]

 

 裏Shelterが収録されてるDVD。プレミアがついてる。

 

さらに、冒頭の「You're my Shelter!」を鼻にかけて歌ってると、長野博がネタにし、誇張表現して実演していました。

次の公演で、鼻にかけないように気を付けて歌う、健気な坂本昌行の姿が。

 

この10周年コンので、『Shelter』が遊ばれ始める。

 

本人・メンバーがネタ化し始める

2008年

2008年、5年ぶりのトニセンコンサート「20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」で、おさらいメドレーの中で披露。

 

DVDの副音声にて、井ノ原が「絶対『You're my Shelter!』で、キャーー!!ってなるから、もう音を入れておいた方がいい」と発言。そういう通り、キャーー!!と叫ばれない『Shelter』などあり得ない。

 

2009年

トニセンコンサート「20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY」にて、アンコールで披露。

冒頭のバラードで、「魔性の名曲」「医師団からの反対を押し切り」など、テロップが入り、持ちネタ化し始める。 

 

ネタ曲から宴会芸へ

2011年

シングル「Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ【初回生産限定〈Honey盤〉】」の特典映像にて、V6のカラオケ映像で坂本が歌った姿が収録される。

 

イイ声で熱唱する坂本昌行と、盛り上がるV5。

メンバーは、サビ2小節だけ立ち上がり、手足をグルグルさせながら踊った後、6小節座って休む。

坂本が「休むなよっ」と律義にツッコむので、思わず笑ってしまう。

クライマックス、笑いの神が憑いた森田剛が立ち上がった瞬間、皿が割れ、V6と視聴者を腹筋崩壊へ導き、この特典映像は伝説となった。なお、Shelterは途中で切られた。

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ【初回生産限定〈Honey盤〉】(ジャケットA)(DVD付)

Sexy.Honey.Bunny!/タカラノイシ【初回生産限定〈Honey盤〉】(ジャケットA)(DVD付)

 

 

2013年

アルバム「Oh! My! Goodness!【初回生産限定盤B】」にて、特典映像の締めで『Shelter』を歌うカラオケ映像が収録される。

 

前回のカラオケと同様、サビ2小節しか踊らないメンバー(とアルバム作家陣)に対し、なんのツッコミもいれず、淡々と歌い上げる坂本昌行、最後にアルバム(もちろん『Shelter』は収録されてない)の宣伝でカッコよく〆てます。 

V6 live tour 2013 Oh! My! Goodness! (DVD4枚組) (初回生産限定盤B)
 

この時の坂本さんのビジュアル、黒髪で前髪があって、めちゃめちゃカワイイです。 

 

魔性の曲でありながら、愛される曲へ

現在

坂本昌行のかっこよさが堪能できる曲でありながら、ネタ曲・宴会芸としても愛されている『Shelter』。

2013年のカラオケを最後に、坂本昌行が歌う姿はない。これからの『Shelter』史の証人になれることを期待して、本家のパフォーマンスを心待ちにしてます。 

 

『Shelter』が披露されたコンサート

★は映像化されたコンサート

 

・JOHNNY'S SUMMER CONCERT '98 20th Century(1998/9/5~10/24)

・Johnny's SUMMER CONCERT '99 「V6」(1999/8/9~8/26)

20th Century CONCERT TOUR "WISHES"(1999/11/27~2000/2/13)

・J-FRIENDS MILLENNIUM in TOKYO DOME(1999/12/31~2000/1/1)

・WINTER CONCERT TOUR「MILLENNIUM GREETING」(2000/1/3~1/10)

20th Century CONCERT TOUR "Precious Lφve" (2000/11/10~2001/4/30)

・V6 2001 台北演唱会 V6 CONCERT 2001 IN TAIPEI(2001/2/9~2/11)

★V6 10th Anniversary Tour musicmind(2005/11/2~12/28)

★20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ(2008/3/16~5/18)

★20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY(2009/2/7~5/24)

 

前述した通り、初披露から封印までの2年半、V6コンで3回、トニセンのコンサートで3回、J-FRIENDSカウントダウンコンサートで1回、計7回披露されています。こりゃ飽きるわ。

 

なんでこんなに短期間にセトリ入りしていたかというと、Jr.が歌ってるのは映像に残ってるのに、坂本くんの『Shelter』は映像化してなかったから、というのが有力です。20年以上やってるのに、1本も映像化してない坂本くんのミュージカルを思い出す。

 

『Shelter』の種類

『Shelter』は、曲の始まりに違いがあり、大きく分けて3つに分けられます。

 

1、バラードver

ミドルテンポで「I don't wanna miss you~♪」と入り、前奏、Aメロへと移ります。

入りがミドルテンポなので、歌詞と相まって、曲へ誘う哀愁がある。

 

2、ロックver

「You're my shelter!」から始まり、前奏、Aメロに入ります。

最初で、歓声という名のコールを入れられる。

坂本「You're my shelter! \\ ギャアアアーーー!!!//

 

3、アクセントダンスver

「You're my shelter!」始まり、次に前奏、「Just breaking out!」で、アクセントダンスが入り、また前奏、そしてAメロないしサビへ移ります。

ジャニーズJr.が披露するのは、大体このver。

 

Jr.が歌う時、ダンスや最後の音程が違うこともありますが、冒頭の違いにより、大まかに3つに分けられます。

 

収録されてるCD

現在『Shelter』が収録されてるのは、20th Century のアルバムのみです。

 

「!-attension- 」

トニセンの2ndアルバム。1998年発売。バラードverが収録。 

!-attension-

!-attension-

  • アーティスト: 20th Century,椎名祐生,井ノ原快彦,中村邦男,六ツ見純代,山田ひろし,安部純,野田浩平,鶴田海生,渡辺和紀,Happo
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 1998/09/30
  • メディア: CD
  • クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
 

 

「Replay〜Best of 20th Century〜」通常盤

トニセンのベストアルバム。2004年発売。通常盤のみ、ロックver収録。

Replay ~Best of 20th Century~ (通常盤)

Replay ~Best of 20th Century~ (通常盤)

  • アーティスト: 20th Century,Hiroshi Nagano,Yoshihiko Inohara,Masayuki Sakamoto
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2004/01/15
  • メディア: CD
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

 

なぜ坂本昌行が歌う『Shelter』に、惹かれるのか

一言でいうと、「坂本昌行のあらゆる魅力が堪能できるから」だと思います。考察したので、細かく見ていきましょう。

 

歌唱

坂本くんがさらっと歌っちゃうから、簡単そうに聞こえますが、歌いこなすのが難しい曲です。音程取るのが難しいし、リズムも細かい。初めてカラオケで歌った時に、「こんなに難しいの!?」と、サビ以外グダグダだったことを思い出す。

 

またね、坂本くんの声がいいんですよ。男らしいんだけど、男くさくない、甘いテノール声。

坂本昌行の歌声を堪能でき、歌唱力の高さを感じることができるといっていいでしょう。

 

ダンス

前述した通り、サビはキャッチーですが、全編通すと、体力の消耗が激しいダンスナンバーの楽曲です。

坂本くんはダンスも上手いので、ダンスを堪能できる楽曲です。

 

坂本昌行の魅力を引き上げる曲

歌とダンスを堪能できる楽曲ですが、この曲がなんでそんなにも名曲だと言われているかというと、とにかく坂本くんに「合ってる」からです。

その上、あらゆる坂本くんの魅力を引き出していることは言うまでもありません。

 

『Shelter』は激しくギターが鳴り響き、気骨のあるロックな曲ですが、歌詞をみると、社会の荒波に揉まれ傷ついた大人の男が、恋人に拠り所を求めています。

 

歌詞はコチラ Shelter V6(20th Century) - 歌詞タイム

 

繰り返し出てくる

I don't wanna miss you,Your my Shelter!

という歌詞を直訳すると、

「君がいなくて、寂しい思いはしたくない。君は俺の避難所。」です。

I miss you.でも「君がいなくて寂しく思う」と訳せるので意味は伝わりますが、don't wanna(~したくない)が入ることで、「君がいなくて、俺は寂しい思いはしたくないんだ!」くらいニュアンスが微妙に変わります。

後者の方が、彼女を失うことへの恐れを強く感じます。プライドも態勢もすべて捨てて、どうしようもなく弱い部分を見せてくれてるようです。

 

Your my Shelter! の訳は、解釈が分かれるところですが、私はそのまま 

避難所=安全な場所=安心できるところ=君だけは、俺が唯一安心できる居場所

と解釈してます。

避難所の外では、戦わなきゃいけないし、プライドを踏みつけられるし、傷つけられるために奪われるために生まれてきた気がするっていうくらいだから、ボロボロになってる男の人が、唯一の安心できて、弱音を吐ける場所であると考えられます。

 

これを歌う坂本昌行さんは、この歌詞によく似合う。

個人的な感情ですが、坂本くんって結婚を考えていた彼女にフラれるみたいなシチュエーション、すごく似合いません?

結婚を考えてた彼女に二股かけられてフラれたり、奥さんに先立たれてバーで一人寂しく飲んでるとか、悲劇があるとより魅力的にみえるというか。

 

もっというと、彼女に二股かけられて、「ふざけんなよ!ぜってえ許さねぇ!!」と言うより、「なんでだろなぁ俺に魅力がないのかな…」と言ってる方が魅力的ではないですか。別にそうでもない?私はそうです。

 

なんというか、坂本昌行って男は、大人の男性のかっこよさや色気を持ちながら、脆さや弱さを表現できて、それが似合ってしまう男なんです。それぞれ単体でも素敵なんだけど、相乗効果でさらに魅力が引き立つ人なんですよ。

 

みんなギャップ好きでしょ?かっこいい大人の男の人が、少年みたいにはしゃいでたり、色気ムンムンなダンディーな人が、お化けや高所や虫が苦手だと、可愛い♡って思うでしょ?あ、これは坂本昌行のことです。

あんまりギャップが開きすぎると、情けない…と思う率も高くなるのである意味ギャンブルでもありますが、世の中にはその情けなさも可愛く映る層が一定数おりまして。

実際考えてみてくださいよ。外で戦ってボロボロになった坂本くんが、「君がいないともう壊れてしまう。俺を抱きしめてくれ」って歌うんですよ。母性本能くすぐられまくり、心掴まれて暴発するってもんですよ。

 

2番のサビ、

誰も触れさせはしない

その腕の中にしか 答えがないのさ

ってところ、〈恋人を〉誰も触れさせはしない んじゃなくて、〈俺の弱いところを〉誰も触れさせはしない との解釈に気付いた瞬間、ン゛ン゛ッとなりました。

 

この想いだけは決して

痛みと引き換えでも渡せやしないさ

という1番と最後のサビの この想い は、恋人への情愛と独占欲と考えてましたが、取り繕うこともない、本心ともいうべき一番弱い部分を指しているのでは…?

社会でどんだけ痛みを感じても、恋人の腕の中以外では絶対に見せることはしないというプライドなのでは…。

えっ、めっちゃカッコイイな………

 

楽曲『Shelter』の肝は、社会性のある男性の、恋人にだけ本当の自分を見せる、気骨と弱さの両立だと思います。

社会で傷つき、恋人の前では今にも壊れそうなくらい危ういのに、それでもまた立ち上がり戦いに行く強さを、すべて飲み込み表現できるからこそ、坂本くんの代表曲であるのではないでしょうか。

実際、本人もメンバーもファンも「『Shelter』以上のソロ曲がない」と言ってます。歌・ダンス・楽曲が坂本くんに「ハマっている」のです。

 

だからこそ、坂本昌行の『Shelter』は多くの人を魅了し、伝説となっているのでしょう。 

 

『Shelter』はどこで観れるの?

散々語ったところで、「どのDVD買えばいいのか分からない><」というあなたのために、独断と偏見で『Shelter』のパフォーマンスが見られるDVD一覧をまとめました。ここからが本題です。

20th Century CONCERT TOUR "Precious Lφve"

2000~20001年に開催されたトニセンツアー。

 

  収録時年齢:29歳

    種類:アクセントver

  収録DVD:「VERY HAPPY!!!」

       髪形:真ん中分けで外ハネ、こげ茶の長髪でボリューミー

 ビジュアル:★★

    衣装:★★★

 ワイルドさ:★★★

 

今より細く骨っぽさが際立ち、目が鋭く尖ってて荒々しい印象。まだ20代なのに、不健康な色気が出てて、より強さと脆さが引き立ってます。

まさに『Shelter』にピッタリな雰囲気とパフォーマンスで、「これは伝説になるわ」と納得しました。

 

最初はロングコートを着込んでいますが、最終的には上半身裸になってます。

他公演では脱いでなかったのに、ビデオ撮りだから張り切ったんだろうと、専らの噂。

尖っててギラギラしててもも、ビデオ撮りは張り切っちゃうところがかわいい。 

VERY HAPPY!!! [DVD]

VERY HAPPY!!! [DVD]

 

このDVDは、2000年に行われた、

V6の「"HAPPY" Coming Century, 20th Century forever」

Coming Centuryの「マッハブイロク special Coming Century summer tour 2000」

20th Centuryの「Precious Lφve」

の3公演が収録されてます。 

 

V6 10th Anniversary Tour musicmind

10周年アニバーサリーコンサート。

 

 収録時年齢:34歳

    種類:ロックver

  収録DVD:「V6 10th Anniversary Tour musicmind」

    髪形:真ん中分けストレート、明るい茶髪で頭頂部が黒くなってる

 ビジュアル:★★

    衣装:★★★

   タップ:★★★

 

V6としても『Shelter』としても記念すべきコンサート。

最初タップをかっこよく披露してたはずが、昔のトニコンのネタ(アヒルがすり寄ってくる)を入れるなど、笑いどころもあります。

その後の「♪You're my  Shelter!」の破壊力と言ったら!10周年を迎え、尖ってた坂本くんが随分丸くなってます。パフォーマンスの色気とかっこよさは健在。

 

次のソロの岡田を除いた、長野・井ノ原・森田・三宅がバックについてます。

収録されたダンスは、アレンジされています。お馴染みの手足グルグルの振りではありません。最終日だけオリジナルの振付だったらしい。 

V6 10th Anniversary CONCERT TOUR 2005

V6 10th Anniversary CONCERT TOUR 2005 "musicmind" 通常版 [DVD]

 

 

20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ 

 収録時年齢:37歳

    種類:アクセントver

  収録DVD:「20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」

    髪形:黒髪、外ハネ、長めで猫みたい(※個人的意見です)

 ビジュアル:★★★

    衣装:★★★

  夜の香り:★★★

 

衣装もシンプルながら盛ってて可愛い。10周年では、丸くなったマサだったのに、この時は、妙に夜のにおいを漂わせてます。陰の色気。湿度が80%くらいのねっとりした色気。

 

トニコンが5年ぶりなため、前半のおさらいメドレーの一環に組み込まれています。冒頭のアクセントダンスはトニセンと共に。

正統派『Shelter』ともいうべき、色気ムンムンな坂本くんが見たい方にオススメ。 

20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ【通常盤】(ジャケットB) [DVD]

20th Century LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ【通常盤】(ジャケットB) [DVD]

 

 

20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY

 収録時年齢:38歳

    種類:バラードver

  収録DVD:「20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY」

    髪型:明るい茶色の短髪。

 ビジュアル:★★★

    衣装:★

 テロップ芸:★★★

 

1998年に発表以来 余りの魅力に失神者が続出!!

しかし、本人の体力の限界もあり 一度は演奏禁止となる…

が、ついに…

医師団からの反対を押し切って

封印を解いた魔性の名曲!!

 

心してお聴き下さい

坂本昌行で

“Shelter”

 

アンコール曲。

冒頭のバラードで、上記のテロップ芸を披露。公式がネタ。

文字だけでもおもしろいけど、映像はもっとおもしろいから、ぜひDVDを見て頂きたい。あまりの魅力に、失神するまでがセット。

 

長野井ノ原とJr.のバックがこなれて、熟練したパフォーマンスが見られます。

工事現場で見かけるような衣装だけど、パフォーマンスは超絶かっこいいです。テロップで笑っても、観終わったら「ホントのことしか書いてない…」ってなるから。

20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY/We are Coming Century Boys LIVE Tour 2009 [DVD]

20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY/We are Coming Century Boys LIVE Tour 2009 [DVD]

 

 

これであなたも『Shelter』担に

坂本くんの『Shelter』は、時代が変わっても、年を重ねても、色褪せない名曲です。

自分でまとめるために、何回も見返したけど、坂本くんの年齢が変わっても、その時その時の良さが出てるんですよね。

若く尖った時は、若さと危うさが不健康そうな色気と相まって、社会に傷つきながらも立ち上がる強さ。

円熟した時は、ダンディーなイケオジが子供のような脆さを隠し、傷つきながらも若い時の鋭さを忘れていない。

坂本くんがその時その時の「カッコイイ」を魅せてくれるのと同じく、『Shelter』も進化してるのです。

 

坂本昌行さん、お誕生日おめでとうございます。 次『Shelter』を歌い踊る時は、また新たな伝説をつくってくれる…そんな期待しかありません。

坂本くんと『Shelter』のこれからを、首を長くして待ってます!

 

*1:ざーっと調べたら、Sexy ZoneとジャニーズWESTでは誰も歌ってないっぽい