オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指す雑多なブログ

37歳の三宅健に思いを馳せる

 

健くん37歳か…お誕生日おめでとうございます!!

おめでたい日なので、健くんの好きなところ・素晴らしいところを10個挙げました。絞りに絞った10個です。

考えれば考えるほど、三宅健は深いな~と感じました。思いを馳せすぎて、当日上げられなくてごめんね!

 

 

 

1、時代が追いついた、魅惑のキャラメルボイス

一度聞いたら忘れられない、インパクト抜群の声。中毒性があります。

 

2、エフェクトをかけたキャラメルボイス

エフェクトと相性抜群です。

オススメは、V6の「SP "Break The Wall"」です。全員エフェクトをかけた声を堪能できますが、健くんのデジタルボイスっぷりに癖になること間違いなし。

 

3、V6「will」の2番Bメロ

健くんが主旋律で、坂本くんがハモり。

崩れ行く歴史の音 聞こえたら

次のステージへ行く時だ

この歌詞を歌った後、サビ前に「Wow~oh~oh~」と歌うところが、とても伸びやかな声です。ゾクゾクします。

 

4、「三宅健のラヂオ」の声

三宅健1人(たまにマネージャーと一緒)のラジオ。深夜0時からの放送を意識してか、バラエティで話す声よりトーンが低い。

でもそれが囁かれてるように聞こえて、安眠できる…いや逆にできないか。

 

5、「ROCK YOUR SOUR」一番Aメロの床を蹴りつける振り

マニアックでごめん。床を蹴りつけ、後ろから前に出てくるところが、キレッキレでかっこいい。

 

6、曲の世界観を表現するダンス

健くんのダンスは、ただ上手く踊るだけでなく、その曲が持つ世界観を表現しているのが伝わります。

滝沢歌舞伎で披露した「Maybe」、私が見たとき骨折してすぐだったので、当初の振りと違ったのかもしれません。

脚が不自由で、満足にステップが踏めないのにも関わらず、歌と手と顔の表情で曲の世界観を伝えてきました。

 

「ダンスが上手い」のさらに先に行く、三宅健の表現力の高さに脱帽です。

 

7、スーツが似合う

スーツにも色んな種類があるが、無地で上質なスーツが最も似合うと思います。

健くんはカジュアルも似合うが、フォーマルな装いが神髄と確信してる。

 

上質なスーツだけど、腕まくりをしたり、丈をわざと短めにしたりと、若干着くずしてフォーマル:カジュアル=9:1にするのがベストだと思います。そうです、健くんが歌番組に出るときに、よくしている格好です。

 

8、2016年7月2日現在の髪型

ワンレンで前下がりな髪型、至高で最高。

前髪短め、ふわふわショートヘアも、もちろん似合います。世間が思う「無邪気な健くん」のイメージにピッタリです。 

ですが健くんの年齢を重ねた深み・知性が表れてるのは、今の髪型だと思います。

結局は好みの問題ですけど、私は今の髪型大好きなので、しばらくこのままがいいなぁ。

 

9、パフォーマンスにおける健くん

初めてV6のコンサートを観たとき、健くんの真顔をこわいと思いました。

パフォーマンスにおける健くんは、曲の世界観に合わせて表現を変えています。(若いときは、いっぱいいっぱいだけだった可能性もある)

わちゃわちゃしてる曲は、やっぱり「かわいい健ちゃん」です。かっこいい曲は、真顔だし「凄み」も感じます。

ひとり「光と影」みたいな、それがとにかく魅力的で胸を打ちます。健くんはかわいい。けど最高にかっこいい。

 

10、虚像とリアルの狭間で生きてる

「虚像とリアルの狭間で生きてる」

健くんのソロ曲「悲しいほどにア・イ・ド・ル ~ガラスの靴~」の歌詞の一部の要約です。

健くんは「虚像」と「リアル」だけでなく、その間で揺れ動く「狭間」も見せてくれるアイドルだと思ってます。

いや、見せる気はないかもしれないですが、不器用さゆえに見えてしまうというか…。

これ!というエピソードもなく、知っていくうちにじわじわ感じたことなので、言語化ができず無念です。

 

奇跡のおじさんなんて言われるビジュアルで、無邪気でかわいらしいところもあるのに、パフォーマンスは最高にかっこよくて、地に足ついて生きてて、不器用で一生懸命な健くん。大好きです。

 

健くん、お誕生日おめでとうございます。健やかで幸せでいて下さい。

オタクとしては、また凄みのあるパフォーマンスがみたいです。