フェイバリットな暮らし

シンプルライフ・V6・二次元など<好き>の詰め合わせ


  • ホーム

  • 読者登録

  • Follow

V6ライブの超私的オススメ

みなさん元気ですかーーー!!??(マイクを向ける絵文字)

コロナの影響で現場はなくなったのに仕事は変わらず、ブログやTwitterにアウトプットすることも飽きてしまい完全に消息不明でした。(いつもの)

 

ついに発表されましたね。

Johnny's World Happy LIVE with YOU | Johnny's net

ジャニーズ事務所の有料ライブ配信

関西ジャニーズJr.がいないのが残念無念ですが、V6とSnow Manが出演する初日と最終日(メンバー向井康二の誕生日!)を購入しました。

先日のYouTubeで配信されたライブには、V6もSnow Manも出演しなかったので、めっちゃ楽しみです。

 

しかも見てくださいよ。V6の出演日グループ。

嵐 と キンプリ 。

 

嵐とキンプリって!!!!!!事務所内ダントツのファン数をもつ嵐と今をときめくキンプリ!!!!! サーバーの心配しちゃう!!

 

なぜ初日にこの3グループなのか。

ファンはまあ見るからいいとして、ファン以外にも見てもらうグループと考えたときに、いわずもがな事務所の看板の嵐。

次期エースどころか既に大エースのキンプリ。

そこと組ませて一般からの興味を惹くのがV6と期待されているのかもしれません。

 

学校へ行こう!のバラエティを始め、各メンバーがそれぞれのフィールドで活躍してるので、幅広い世代に一般知名度が高い。

周りの例で恐縮ですが、祖父母世代には「イノッチと岡田くんがいるグループ」で通じるし、上の世代の職場の人はグループ名や個人活動で名前を知ってくれています。

 

且つV6のライブって、めちゃくちゃいいんですよ。

私がファンになった2015年、オススメのライブ円盤を聞くと「直近10年のライブはみんな良いよ」と回答が返ってくるくらい。その回答に偽りは無かったんですけど。

 

これは各グループ思ってると思いますが、V6のライブの良さを知っている身としては、最初にグループ分けを見たときに「嵐とキンプリファンにV6のアイドル性やライブの良さがまた知れ渡ってしまうな…」と思いました。

 

という訳で、V6のライブのここがよかった!語りたい!というところだけを書きました。

 

レポではない

まとめでもない

語りたいところだけ語る

自分の好みと癖【ヘキ】に忠実

当時のライブのレポで書いた話もあるけど、その時とは価値観や言葉のチョイスが変わったので、大サビだと思って聞いてください

 

普通にネタバレしまくってるので、ネタバレしたくない人はそっ閉じしてください。

続きを読む

創作占いの鑑定結果を血肉にしていく

ちょっとおどろおどろしいタイトルにしてみました。

お久しぶりです、Snow Manにどっぷりハマり、ポケモンとミリシタとBEYOOOOONDS(ハロプロ)が癒しのチユコです。 みんな元気ー!? 私は元気になった!!

 

元気になった理由はこちら!

ホシカン|創作活動のための星占いブログ | 創作活動のための星占いブログ

ざっくりいうと、生年月日と生まれた場所と日時を元に作成した出生図から、性質や運勢を読み取る占いです。

占星術をベースに創作に特化した占いをしてくださる、水煮さん@mizuni_can)に鑑定していただきました。

  • 事前のやり取り 
  • 当日
  • 人生・創作のテーマ
  • いつもなんか不安
  • 自分の核とは
  • 地に足付けるには
  • 鑑定を終えて
  • 水煮さんパワーワード
  • 水煮さんのブログとTwitter
続きを読む

「跡部は特別」という理由

ほんとはね、昨年書いた跡部伝説の流れを汲んで、「跡部景吾はなぜこんなにも大衆を魅了するのか」みたいなことを考察してまとめる予定だったんですよ。

でも考えれば考えるほど収拾がつかなくなって、そんなことより跡部の誕生日に跡部を称える方が大事だよね!ウン!!と自問自答したので、跡部の好きなところを勢いそのまま書くことにしました。

※間に合いませんでした。お誕生日おめでとうございます。

 

※2019.10.4 加筆

 

テニプリ未履修の方は以前書いた、こちらを参照した方が内容が入ってきやすいと思います。

「テニスの王子様」は、不朽の名作である

 

私の跡部に対する感情は、ここに記載してます。

私が愛した二次元の男達 中編

 

*はじめに*

跡部伝説を書いた時に、これ書いた人、跡部様に様付けしてないけど大丈夫なのかな…という私の身を心配する声をいくつか頂き、腹がよじれるほど笑いました。

昔は跡部のことを様付けする文化はなかったし、跡部最推しの友人は「跡部」呼びでした。私はべったんって呼んでた(恥)

どうしてか説明すると長くなるのですが、跡部に様を付けなくも跡部は起こるはずがないから大丈夫。とだけ言わせて頂きます。本当に大丈夫です。

 

前置きを書いたところで、私が思う跡部の好きなところ、いっくぞ~☆

 

続きを読む

【レポ】顔タイプ診断で<なんか>似合わないな?の理由が分かった

3年ほど前、パーソナルカラー・骨格診断を受け、自分に似合う色や服の方向性が分かり、今もなおファッションの指針となっております。

とは言いつつ、いろんなテイストの服を試着していると、これなんか似合わないな?と思うこともしばしば。

 

原因は分かっていました。

自分の顔とスタイルアップの方向性が違い、まだ落としどころがハッキリしていなかったからです。

ここ最近流行している「顔タイプ診断」を受診すればハッキリするのでは?と思っていたところに、お世話になったレネットの岡未来さん@reinette_cs)のサロンで顔タイプ診断が導入されたとのこと。

そんな時フォロワーのまみさん(坂本・櫻井・中間担)に誘っていただいたので、尻尾を振って受診してきました。

 

過去のレポ 

1年前に受診したまみさんから話を聞くと、私が受けた時より進化してるっぽい!

  • お世話になったサロン
  • 当日の診断
  • 顔タイプ診断とは?
  • 診断結果(仮)
  • フェイスマッチ
  • 顔タイプ診断を受けて 

 

続きを読む

仲村宗悟さんのアーティストデビューを現場で聞いた

イェーイ半年ぶりのブログ!

この半年、仕事で体力を使い果たし、その合間にV6、ジャニーズJr.ユニットSnow Manの仕事にワクワクし、アイドルマスターSideMでプロデュース業に勤しみ、そして声優の仲村宗悟さんに癒されてました。

そう、いつからか仲村宗悟さんにハマり、いくつかのラジオやweb番組を視聴するまでズップリです。

 

そんな理由(ワケ)で、ニコニコ動画で放送されてる『めんそ~れ!仲村屋』の公録イベントに参加してきました。

ものすごくゆる~い番組で癒される

 

仲村宗悟さんとは

めちゃくちゃ素晴らしいインタビュー記事があるので、ぜひ一読して頂ければ。

 

続きを読む

山下次郎のソロ曲『GOLD ~No.79~』は導きの曲だ

どうも、SideMにすっ転んだ女です。 

v-simple.hatenablog.com

 

キッカケはライブだったが、そもそもの話SideMは詞と曲がとにかくいい。

どの曲も今の自分を肯定し、前向きになれる曲ばかりだ。

 

私は元高校教師ユニットS.E.Mが好きだ。

『ORIGIN@L PIECES』シリーズより、S.E.Mのソロ曲を自分の見解で読み込んでいくと、アッこれやばい…名曲じゃん…となったので、個人的見解をまとめた。

 

ソロ曲が発表された順番を踏襲し、まずは元高校化学教師の山下次郎のソロ曲『GOLD ~No.79~』から。

f:id:v_simple:20190122211959j:image

(出典:http://www.lantis.jp/release-item/LACA-15601.html

右上の袖無しの男前が次郎ちゃん

 

  • 『GOLD ~No.79~』
  • この曲から感じられること
  • 次郎の人生の向き合い方の変化
  • Get your heart of GOLD
  • 押し付けがましくない導き
  • アイドル山下次郎の魅力
  • 未知への思い切り
  • まとめ

 

続きを読む

V6ファンがアイドルマスターSideMにすっ転んだ

それはある日、TwitterのTLに流れてきた画像がきっかけだった。

 

「この髭のアイドル、スゲー好みの髭だ」

 

続きを読む

【2018】現場オブザイヤー&現場記録

2018年もお世話になりました。

新たに「フェイバリットな暮らし」となった当ブログを、本年もよろしくお願いいたします!

新年一発目は、毎度おなじみ現場オブザイヤー&現場記録です。

 

昨年同様、参加した舞台・コンサートの振り返りをしつつ、「現場オブザイヤー」として選出しました。好みはもちろんのこと、自分が座った席(見やすさ)や入った日の客席の反応や思い入れを考慮しているので、気楽に読んでください。

  • 現場記録
  • 【2018】現場オブザイヤー
    • 舞台部門
      • 次点
      • ベスト・オブ・舞台
    • キャラクター部門
      • 次点
      • キャラクター・オブザイヤー
  • 2019年の現場によせて
続きを読む

シンプルライフは<在り様>という考えを経て

当ブログ「オタクのシンプルライフ」は、早いものでもうすぐ3年になります。
当初は、片付けに目覚めたオタクが、どういう考えでどんな感情で物と向き合い断捨離をしたのか、将来別のジャンルにハマった時に、それらを読み返して一つの視点として受け取ってもらいたい、という未来の私のための記録でした。
どうせ文字にして残すのであれば、他人の目があるブログに書いて、アウトプットの訓練をしよう、と思ったことから「オタクのシンプルライフ」はスタートしました。

 

ついでに片付けに興味あるオタクに、現ジャンルであるV6をさりげなくステマするつもりだったのですが、ステマどころかダイマをぶっ飛ばして、もはやV6メインといってもいいくらいになってました。いつの間にこんなことに…。
現在はV6関連の記事が更新の大半を占め、パーソナルカラーや骨格診断のレポが人気記事となり、当サイトのアクセス数の半分が跡部伝説のまとめと、もうなんのブログかわっかんねぇな!という状態。

そもそもイメコン記事は、片付けについて調べてる最中に知った副産物だし、跡部の伝説のまとめは、友人に跡部の誕生日の献花台の話を熱弁している時に、跡部の逸話をまとめた記事読みてぇ~~ってなったのに、検索しても出てこないから、しょうがねえ自己生産だ!と思ってまとめたものですし。
最後にシンプルライフの記事書いたの、2年前でした。なんのブログだよ。(2回目)

  • 私が定義するシンプルライフ
  • シンプルライフの記事の更新をしなくなった
  • 原点に戻って
  • オタクのシンプルライフ
  • フェイバリットな暮らし

 

続きを読む

目で耳で肌で感じた「TOP HAT」忘備録

坂本昌行さん主演のミュージカル「TOP HAT」を観劇しました。

一体いつの話かって?細けぇことは気にすんな!

今日付見てビビったけど、もう師走の下旬じゃん…「TOP HAT」観たの1ヶ月も前かよ…。

もう既に記憶の改ざんが起こってるかもしれませんが、観劇した時の感動は忘れていないぞ!という心意気の忘備録です。

  • 全体の感想
  • 役者の話
    • マッジ・ハードウィック(朝海ひかる)
    • ホレス・ハードウィック(益岡徹)
    • ベイツ(浅野和之)
    • アルベルト・ベディーニ(屋良朝幸)
    • デイル・トレモント(多部未華子)
    • ジュリー・トラヴァース(坂本昌行)
  • 結論

 

続きを読む