フェイバリットな暮らし

シンプルライフ・V6・二次元など<好き>の詰め合わせ


  • ホーム

  • 読者登録

  • Follow

V6ファンがアイドルマスターSideMにすっ転んだ

それはある日、TwitterのTLに流れてきた画像がきっかけだった。 「この髭のアイドル、スゲー好みの髭だ」

【2018】現場オブザイヤー&現場記録

2018年もお世話になりました。 新たに「フェイバリットな暮らし」となった当ブログを、本年もよろしくお願いいたします! 新年一発目は、毎度おなじみ現場オブザイヤー&現場記録です。 昨年同様、参加した舞台・コンサートの振り返りをしつつ、「現場オブザ…

シンプルライフは<在り様>という考えを経て

当ブログ「オタクのシンプルライフ」は、早いものでもうすぐ3年になります。当初は、片付けに目覚めたオタクが、どういう考えでどんな感情で物と向き合い断捨離をしたのか、将来別のジャンルにハマった時に、それらを読み返して一つの視点として受け取っても…

目で耳で肌で感じた「TOP HAT」忘備録

坂本昌行さん主演のミュージカル「TOP HAT」を観劇しました。 一体いつの話かって?細けぇことは気にすんな! 今日付見てビビったけど、もう師走の下旬じゃん…「TOP HAT」観たの1ヶ月も前かよ…。 もう既に記憶の改ざんが起こってるかもしれませんが、観劇し…

「二十日鼠と人間」を観て、<生きる>について考える

「二十日鼠と人間」を観劇してまず思ったのは、すごく質が良い舞台だということ。 ここでの「質が良い」とは、「脚本が良い」ということです。 心理描写が鮮やかで、綺麗に伏線を回収していく緻密な脚本の上に、演者の熱演に当てられ、考えさせられる舞台で…

アイドルという存在に<夢>を見るのをやめた

※これはひとりのオタクの内省を記したものです。 アイドルの結婚について記載しているので、苦手な方は自衛してください。 2018年11月1日、V6がデビュー23周年を迎えました。 V6を好きになってもうすぐ4年。 興味が移りやすい私が、ずっと時間とお金と情熱を…

「跡部は特別」という理由

ほんとはね、昨年書いた跡部伝説の流れを汲んで、「跡部景吾はなぜこんなにも大衆を魅了するのか」みたいなことを考察してまとめる予定だったんですよ。 でも考えれば考えるほど収拾がつかなくなって、そんなことより跡部の誕生日に跡部を称える方が大事だよ…

「テニスの王子様」は、不朽の名作である

2018/09/24 ※タイトルを変更しました。理由は後述。 ジャンプに掲載された「銀魂」の最終回に、許斐剛作詞作曲の名曲『テニプリっていいな』が流れ、「テニプリ」がトレンド入りして爆笑しました。 思い出しますね、テニスの王子様の最終回に当時未発表曲の…

和泉守兼定(刀)は粋だった

刀剣乱舞というゲームに熱を上げてます。 運がいいと自称してるわたくしですが、テニスの王子様のリズムゲーム「RisingBeat(ライジングビート)」のガチャの引きがすこぶる悪くて、ガチャを引くドキドキ感は味わえても、充実感や満足感が全く得られず、モヤ…

滝沢歌舞伎2018 御園座公演

「滝沢歌舞伎2018 御園座公演」を観劇するため、名古屋に遠征してきました。 御園座公演が発表された時、すでに新橋演舞場公演のチケットは手にしていたので、変更なしの同じ舞台であるなら、行かなくてもいいかな~と思っていたのですが、出演メンバーに関…