読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクのシンプルライフ

シンプルライフとオタク活動の共存を目指すブログ

36歳の岡田准一に思いを馳せる

V6 ジャニーズ

 

岡田准一さん、36歳のお誕生日おめでとうございます!岡田くんも36歳ですか。と・し・お・と・こ、年男(おもてなし風に)。

 

健くんから始まり、「V6メンバーの好きなところをつらつら書く記事」もついに4人目となります。ということで、さっそく岡田くんの好きなところ・素晴らしいところ(※個人の感想です)、どうぞ~。

 

今までの

37歳の三宅健に思いを馳せる

45歳の坂本昌行に思いを馳せる

44歳の長野博に思いを馳せる

  

 

 

 

1、絶世の美男子

岡田くんの何がイイって、顔だよ顔!!

絶世の美少年から、20代の美人期を経て、今は絶世の美青年ですから。山男みたいな髭が生やしてようが、筋肉モリモリであろうと、今も絶世の美青年ですから!!

 

 

2、「ユメニアイニ」を弾き語りする岡田くん

2005年、通称美人期の岡田くん。ゆるっとした服を着て、ギター弾き語りしている姿は、ただただ美しい。

声もいいんですよ。好青年の声で「世界中の花を持って君に会いに行くんだ」とストレートに歌われたら、もうため息しか出ない。幸福感を味わえます。

 

 

3、『Darling』PVの大サビ前

この岡田くんの破壊力たるや、恋してしまう。

Darling! Darling! いいJust night

割り切れないshotにgoodきてる

「Darling!~」で、岡田くんが前に出てくる姿は、まさに王子。スタジャン着た王子様。

「割り切れない」で顔のアップになって、「goodきてる」で首を傾げて、ニコッとする瞬間!!!

何回見ても否応なしに、心拍数が上がります。

 

ジャニーズに興味なくても、二次元しか愛してない子も*1、もれなく全員乙女にする『Darling』のPV、なんとカラオケで見られます!

「DAM」「JOY SOUND」の機種はPV付きなので、ぜひ岡田くんに撃ち抜かれてください。

 

 

4、高音から低音まで響く広い音域

ビンビン響く低音から、ファルセットまでお手の物。

上記であげた『ユメニアイニ』は、結構音が高い曲です。それでも、さらっと歌ってるから、高音が得意なのかと思いきや、低音も素晴らしいです。

 

一番好きな曲は、「Coming Century」で『Are you ready tonight?』です。ユニゾンでは、剛くんと健くんの1オクターブ下を歌ってます。

いい声なのはいわずもがな、一番年下の岡田くんが土台となって、剛くん健くんの声を包み込むような、包容力溢れる男っぽい歌いっぷりは必見です。

 

 

5、言葉の表現

言葉の言い回しが、とにかく素敵。ananで連載中の「オカダのジショ」で、拝見できます。

私が一番好きな言葉の表現は、「ぐりーんぴーす」の欄にて、「昔はすごくキライ。今は食べられるようになったけど、あまり仲良しではない。」です。

 

最強に可愛い。

ぜひとも、岡田准一が読む「オカダのジショ」のCDを発売してほしい。

 

 

6、手の振り方が子供みたいで可愛い

手をブンブン振る姿が、昔も今も全く変わらない。ちょっとガニ股で、頭の上で勢いよく手を振る姿が、とにかくカワイイ。

 

 

7、照れる岡田くん

照れると手で顔を覆うの、ちょーかわいい。

ビジュアルもかわいいし、行動もかわいい。

 

 

8、強い

格闘技に精通してて、師範の資格も持ってると初めて聞いた時、めちゃくちゃときめいた。

かっこいい。単純にかっこいい。

 

 

9、お年玉妖怪

2014年の年末に、突然現れた妖怪。SMAPの中居くんにねだり、V6にねだったとこまでは、微笑ましかった。

 

2015年には、中居くん・V6だけではなく、SMAPの木村くん、草彅剛くん*2、KinKi Kidsの堂本剛くん、さらには年下である、俳優の鈴木亮平さんにまでねだったことが、明らかになりました。

鈴木亮平さんは、特殊メイクで60代の風貌の岡田くんにねだられたようです…。

 

お年玉貰おうと、ねだることがもう可愛い。ねだられた人達も可愛い。ファンも嬉しい。岡田くん、たくさんの人を幸せにしてるね!(対価:ねだられた人のお金)

 

年末の楽しみになってるので、今年はどうなるのか楽しみです。

 

 

岡田くんのお年玉事情をもっと知りたい方は、こちらのブログをご覧下さい。

時系列を含め、詳細をまとめて下さってます。

平均年齢37.8歳のグループのお年玉事情 - 色褪せぬまま 見上げ歩くよ

V6のお年玉事情2016年~岡田准一の乱~ - 色褪せぬまま 見上げ歩くよ

 

 

10.岡田くんの生き方

いわゆる「信念」を持ってる人だと思います。

 

信念は、言葉に表すものではありません。

きっと生きていく中で、これでもかと言うほど自分と向き合い、自分や仕事に対して、疑問を持っては受け入れ、手放し、基準を変えてはまた疑問を持ち、受け入れ、手放す。そんなことを、繰り返して生きてきたのではないでしょうか。

 

異なる考え方を受け入れる度量は持ち合わせ、昔と今で考え方が全く違くても、自分と絶えず向き合っているその姿勢こそが、「岡田准一」の核であり、軸であり、信念である気がします。

 

だから、V6といると喋らなくていい(笑)という岡田くんも、はしゃいでる岡田くんも、どんなビジュアルの岡田くんでも、「岡田准一」です。根っこはなんら変わりない。

 

岡田くんの演技は、憑依型のような「役そのものになる」ではない気がします。憑依型だと「役=演者」ですが、岡田くんだと「役≒演者」という感じ。

これは、「どの役でも岡田准一にしかならない」という訳ではありません。「どの役でも岡田准一の信念が根っこにある人になる」ということです。

 

岡田くんが、「軍人か侍役しかオファーがこない」と言ってましたが、「岡田准一が演じてこそ、意味がある役」といったら、軍人や侍役になるのは分かる…。岡田くんのような生き方をしている人は、まず普通の人にはならないと思う(笑)

今までの岡田くんの演技を全部見てる訳ではないので、違ったらすみません。

 

インタビューを見ると、絶えず自分と向き合っている人だと感じられます。世間の評価や自分に求めるものが分かっていて、自分の立ち位置も把握していて、ぶれることがない。だから驕ることはないし、卑屈にもならない。

 

アホみたいな感想ですが、ただただすごいと思うばかりです。

 

 

改めて、岡田准一さん。お誕生日おめでとうございます。

どんなお仕事をしていても、岡田さんは岡田さんです。アイドルの岡田さん、俳優の岡田さん、園長の岡田さん etc... みんなみんな大好きです。

これからも、いろんな岡田さんが見たいです。12月10日ロードショーの、映画『海賊と呼ばれた男』も非常に楽しみです!(宣伝)

 

 

*1:私の周り調べ

*2:お年玉は貰えなかったようです。